例文あり|マッチングアプリで会う約束をするタイミング/誘い方/プランを徹底解説!

  • マッチしてからいつが一番会う約束ができる?
  • マッチングアプリでデートに誘うオススメのタイミングは?
  • 会う約束をするときの誘い方は?

マッチングアプリ、始めてみたけど、いつどんな風に会う約束をすればいいのか、悩んでいる方も多いと思います。

素敵な人とマッチングできた!でも、いきなり合う約束をするのは相手はどう感じるの?

今回はマッチングアプリで会う約束をするタイミングや誘い方を解説します。

私はこれらを意識して初デートのOK率80%以上を維持しているので、みなさんもぜひ真似してみてくださいね。

マッチングアプリで会う約束は男女どちらから?

マッチングアプリで会う約束をするタイミング/誘い方/プランを徹底解説-1

会う約束は、男女どちらからするべきなのでしょうか?

男性から誘う方がスムーズ

基本的にデートの約束は男性からする方がスムーズです。

女性から誘うと問題があるからではなくただ単にマッチングアプリ界の常識の一つのようなもの
「デートは男性が誘うもの」というイメージがしみついているので、それに乗っかる方がスムーズなわけですね。

もちろん、会いたいと思えば女性から誘うのも全然アリですよ。

マッチングアプリで会う約束をするのはいつ?

マッチングアプリでデートに誘うタイミングはいつがいいのでしょう?

初デートのお誘いはマッチングしてから5日~1週間後

結論としては、誘うのはマッチングから5日〜1週間後実際にデートするのは1〜2週間後がオススメですね。

早すぎると「遊び目的?」と警戒されますし、逆に遅すぎても気持ちが冷めてしまいます。

”1週間”というのが、ちょうどいいラインですね。

会う約束は、メッセージ10往復が目安

もちろん期間も一つの目安なんですが、実は「メッセージの回数」も重要な項目なんです。

メッセージ回数は10往復が目安です。メッセージの頻度は人それぞれですが、1日2往復ぐらいが多い傾向にあります。

1日2往復とすると、マッチング後5日あれば、だいたい10往復くらいしているでしょう。

メッセージ頻度は相手に合わせる

仕事で忙しい人やメッセージのやり取りが得意ではない人は、1日1往復しかできていないということもあると思います。

もちろんですが、お互いのことを知るまでに期間がかかります
もしかしたら相手は、今は恋活・婚活を優先できていないのかもしれません。ゆっくり相手に合わせることが重要です。

また、デートまでの期間を少し長めに見て、1週間ちょっと経った頃に誘うなど、してもいいかもしれません。

逆にめちゃくちゃ返信が早かったり、顔文字やタメ語が多いなら、「すぐにでも会いたい」と思っている可能性も高いので、3日くらいで誘ってもOKをもらえることが多いです。

誘う際はメッセージ頻度に合わせるのがポイントです。急ぎすぎず、相手にテンポを意識することが重要です。

マッチングアプリのプロフィールに会うまでの希望を表示している人も!

マッチングアプリによっては、プロフィールに【出会うまでの希望】の項目が用意されている場合もあります。
会う約束をするときは、ココをチェックするのも大切。

「マッチング後に、まずは会いたい」であれば、メッセージより会ってから判断したい派なので、メッセージが少なめでデートを誘う方がうまくいきやすいです。

逆に、「メッセージを重ねてから会いたい」であれば、すぐに会うのに抵抗がある人なので、数通でデートに誘ってもOKはもらいづらいです。

いくつか目安をご紹介しましたが、これらを総合的に見てデートに誘う時期を決めれるようになると、成功率も上がってきますよ。

自然にデートに誘うタイミングって?

デートを誘うとき、いきなり「会いませんか?」と言われると相手はびっくりしてしまいます。成功率を上げる秘訣は、できるだけ自然に誘うことです。

デートに誘えるタイミングって、実はメッセージの中に結構あるんです。

ここでは成功率の高かったタイミング上位3位をご紹介します。

会う約束を自然にできるタイミング1位|好きな食べ物の話

1番自然に誘いやすいタイミングは、「好きな食べ物」の話をしているときです。
必ず話題にあがる定番のテーマですが、実は1番これが自然に誘えて成功率も高い方法なんです。

理由は、メッセージの流れで「ぜひ二人で行ってみませんか?」と誘えるからですね。

プロフィールに載せることも多いので、好きな食べ物の話自体も「〇〇がお好きなんですね!私も好きで〜」みたいに振りやすいのもポイントです。

食事は初デートのプランとしてもハードルが低いので、1番オススメのタイミングと言われています。

会う約束を自然にできるタイミング2位|お互いの趣味

食事のことをプロフィールに書いてない…!
アプリによっては、好きな料理を記入する欄がなくどうやって食事の話をしていいのか分からない人もいるでしょう。

でも、安心してください!食事の次に成功率が高いのは趣味の話です。趣味はどのアプリでも登録する項目になってます。食べ物と同じく、流れで誘いやすいです。

食事とは違って、趣味が完全に合うのは少ない傾向にあります。ただマッチングした以上、何らかの共通の趣味はあると思うので、あなたも相手も楽しめるプランを立てるとよいでしょう

実は、趣味の話からデートへの成功率を上げるテクニックがあります。それは広い定義の言葉を使って表現することです。

大事なのは、相手との共通点を引き出してあげること。
「サッカー観戦が趣味です」と話すより、「スポーツ観戦が趣味です」と表現することで相手の趣味と合わせることができます。相手が自分とは異なる趣味を持っていた場合も「興味があったんです!ぜひ一緒に行きたいです」と自然に会う約束ができてしまうんです。

楽しい時間を共有できれば、会話も盛り上がりますし、また会いたいと思ってもらえる可能性も高まります。

会う約束を自然にできるタイミング3位|相手のアピールをしっかりと見極める

ストレートに会いたいと自分から言えないのは、相手も同じです。

誘ってほしい人の多くは誘ってほしいアピールをつぶやく傾向があります。このメッセージが来たら、デートに誘うチャンスです。具体的には以下のようなものです。

「休みの日は、予定もあんまりないので暇なときが多いですね」
「インスタで見つけた〇〇、美味しそうですよね!」
「△△に行ってみたいんだよね」

こういう話をしているときは、相手のテンションも上がっているので、デートに誘えばかなりの確率でOKをもらえます。

【例文あり】会う約束をするときに失敗しないメッセージの送り方

タイミングはわかったけど、会う約束はどうやって誘ったらいいの?と悩んでいる方もいるでしょう。

先ほどのタイミングごとにオススメの誘い方を、例文つきでご紹介しましょう。

食べ物の話題は、後出しで約束を取り付けることもできる!

これは簡単で「相手の好きな食べ物のお店に一緒に行こう」と誘うだけです。

以下は私が会う約束をした実際の文章です。相手の好きな食べ物がパスタでした。

〇〇っていう美味しそうなイタリアンがあるんですけど、よかったら一緒にどうですか?

相手も「好きなものが食べられるなら、行ってもいいかな」と思ってもらいやすいです。

ちなみに食べ物は実は後出しでもデートの理由にできます
相手の好きな食べ物がオムライスと聞いていたら、

「昨日、〇〇っていうオムライスの美味しそうなお店見かけて気になってるんですけど、一緒にどうですか?」

といつでも誘えます。

また更に成功率を上げる方法は、一旦好きな食べ物を言い合う程度におさえて、誘いたいタイミングで先程の文章を送ってあげる。5人に4人以上は即OKしてもらえるので、オススメの手法ですよ。

趣味の話は最新作や話題のものを優先的に!

趣味の話をしているなら、その趣味をからめたプランを提案しましょう。
お互いに共通している趣味がオススメです。

例えば、お互い映画好きなら、

今話題の〇〇ってもう観ました?もしまだだったら、一緒に見に行きませんか?

などと誘えますね。

特に、映画中はお互いに気を使わなくて済むので、初デートにもピッタリです。

映画だけでは、会話が少なくなりがちなので、その後に食事なんかに行って感想を話せれば、プランとしては完璧ですね。

誘ってほしいアピールが来たとき

誘ってほしいアピールがきたときは、それに応える形で誘いましょう。

例えば、休みが暇と言われたら、以下のように送ってみましょう。

私、次の日曜日空いてて。
一度会って食事とかどうですか?

このときに、相手の好きな食べ物や趣味に合わせたプランを提案できると完璧です。

相手も空いていれば、暇だった休みの日に楽しみな予定が入るので、高確率で乗ってもらえます。

ストレートに誘うのもOK

少し勇気がいりますが、ストレートに誘うのも全然アリです。

誠実な人だと好印象となるかも

誘い方としては、以下のとおりです。

〇〇さんと話すの楽しくて、ぜひ実際に会ってお話してみたいので、デートしてもらえませんか?

メッセージが苦手で流れの中で誘える自信が無い人は、上の文をそのままコピペして誘ってみましょう。

初めて会うのに適したところはどこ?

初デートは、食事を楽しめるカフェ・レストランや、共通の趣味を楽しめる施設やイベントスペースなど、公共の場がオススメです。

他の人もいる場所なら、相手の不安を和らげOKをもらいやすいです。

時間としては2、3時間がオススメ

初デートの目的は、メッセージだけではわからない相手の印象などを知ることです。
2、3時間であれば、ある程度相手の印象や雰囲気はわかりますし、合わないな…と感じても長すぎないので気まずくなりづらいです。

もし、盛り上がってまだ帰る雰囲気にならなければ、そのときは予定を追加してもいいでしょう。

時間帯は、初デートに不安を感じる人は多いので、昼の方がオススメです。

平日の夜しか空いていない場合もあるでしょうし、お酒が入れば話が弾むというのもあるので、夜に誘いたい場合は警戒されないようにその理由をしっかりと説明しましょうね。

デートの誘いを断られたら?

デートの誘いを断られてしまうこともあるでしょう。

でも、断られても相手から返信が来る以上、脈なしではありません。
だいたいは「お互いのことをあまり知らない」「会うのはまだ怖い」などの理由です。

特にあなたが男性なら、相手の女性は日々多くの男性からアプローチを受けています
それでも返信が返って来ているのは、あなたにまだまだチャンスがある証拠です。

めげずにメッセージを続けて、もう一度誘ってみましょうね。

会う約束のあと、連絡が減るのはなぜ?

よくこのような質問をいただきます。

マッチングアプリで会う約束をした後、急に連絡が減ったり、素っ気なくなりました…
どうしたらいいですか?

私自身は約束の前も後もメッセージを変えようとは思いませんが、このような経験自体は結構ありますね

ではどうして人によっては連絡を減らすのでしょうか?

デート当日にネタ切れしないため

1番の理由はデート当日にネタ切れしないためでしょう。
メッセージであまり話しすぎると、当日に話すことがなくなる、ということですね。

文章だけでお互いを知るのには限界があるので、メッセージは会う/会わないの判断のためだけ、と考える人もいます。
とくに人見知り自分から話すのが苦手な人は、減らしがちでしょう。

もちろん、他の人に時間を割きたいというのもあるでしょうけど、同時進行が普通のマッチングアプリでは仕方のないことかもしれませんね…

返信が減っても問題はない

返信が減ってもデートの約束をしているなら、問題はありません。
連絡が減って不安になりますが、実際にデートに来てもらえればそれでいいのです。

そのために、前日には時間や予定の確認をして、「明日会えるの楽しみです!」とデートへの熱意を伝えれば、間接的に返信を促すことにもつながります。

どうしても心配な人はこちらを参考にしてみて!

減らさない方がモテる

とはいえ、会う約束をしても連絡頻度は減らさない方がいいのは間違いないですね。
連絡頻度を減らせば、先に紹介した質問のように「そっけなくなった…」「他の人に本気なのかな…」と不安に思わせてしまいます。

話すネタがなくなる、という理由はわかるんですが、連絡を続けたくらいで話題がなくなるのでは付き合った後が大変です。

会う約束をした後も、日常会話くらいでいいので、メッセージを続けるのが、モテるポイントですよ。

まとめ

今回はマッチングアプリで会う約束をするタイミングや誘い方、デートプランについて解説しました。

デートに誘うのはとても勇気のいることで、失敗したくない…と思うのも当然です。
でも自信を持ってください。

今回解説したことを意識して実践すれば、初デートの成功率は格段に上がります。

また他にも私は前日のチェックリスト・初デートの会話術を意識して初デートのOK率80%以上を維持しているので、みなさんもぜひ真似してみてくださいね。

初デート前日のチェックリストはこちら

初デートの会話術はこちら


みなさんが意中の相手との初デートを成功させて、幸せをつかめることを心から願っています。