既婚者マッチングアプリ「Cuddle」をやるか迷う男性へ!実際に使ってわかった攻略法やリスク

群雄割拠のマッチングアプリですが、既婚者専用というジャンルまで登場しています。
Cuddleは既婚者が異性と出会うために利用するマッチングアプリです。

既婚者専用ということで、利用を迷っている方も多いかと思います。

  • 本当に出会えるのか
  • プライバシーは問題ないか
  • どんな女性がいるのか

今回は、コイタツ編集部の既婚者ひろが実際にCuddleを利用してみてわかった攻略法やリスク回避の方法をお伝えしていきます。

※この記事はCuddleのプロモーションを含みます

【既婚者が安全に出会いを楽しめる】Cuddleの登録はこちらから

Cuddleを攻略する4つの方法

私が3カ月Cuddle GOLDプランに加入して分析した、Cuddleで出会いを楽しむためのポイントは以下の通りです。

  • プロフィールをしっかり登録する
  • 女性タイプを理解し目的を合わせる
  • 実際に会うまでのステップを理解する
  • Cuddle GOLDプランに加入する

3カ月のCuddle GOLDプラン(23,940円)を使って実際にデートまでした女性は3名。
それぞれ解説します。

プロフィールをしっかり登録する

Cuddleは一般的なマッチングアプリと同様、プロフィールを登録して進めます。

プロフィールに登録できる項目は以下の通り。
この中で「重要度が高いのでは?」と思った項目については検証・分析を行ってみたのでそれぞれ解説します。

  • プロフィール文章(自由記述)
  • 顔写真
  • 職種
  • 会社タイプ
  • 年収
  • 最終学歴
  • 言語
  • 出身
  • 身長
  • 体型
  • お酒
  • 好きなお酒
  • タバコ

①プロフィール文章

重要です。
自分がどんな目的で登録しているのか、趣味や仕事など、女性に対して自己開示をすることでマッチングしやすくなります。

また「婚外恋愛希望」というディープな目的よりも、「たまに飲みに行ける人募集」のようなライトな方がLIKEをもらいやすいです。

②顔写真

重要です。
はじめは景色の写真を登録していましたが、まったくマッチしませんでした。

全くマッチングしなかった沖縄の海。
供養しておきます。

が、自分の顔写真にぼかしを入れてギリギリ風貌がわかる程度にした写真にしたところ、顕著にマッチが増えました(1日1件は必ずマッチするように)。

身バレしない程度のぼかしを入れるだけでも確率が変わりますので、登録しておきましょう。

③年収

あまり重要ではないかなと思い、未登録だったのですが、登録した途端にマッチ率が上がりました。
顔写真を登録した後の1日1件が、1日に最大3件ほどになるイメージです。

既婚者女性は、自由に使えるお金に制限がある人も多いようで、金銭的に余裕のある男性(=奢ってくれる)を求めているのかもしれません。

年収が1000万を超えるという方は是非登録しておきましょう。

④身長

重要かと思っていましたが、あまり関係ないようです。
私は160㎝代で小柄なのですが、プロフィール文章・顔写真・年収の3つが充実していれば関係なくマッチします。

相手の身長を気にする女性は「高身長が好き」「175㎝以上で」など、ほとんどプロフィールに書いているので、その方を避ければ問題ありません。

⑤タバコ

既婚者からすれば、タバコの臭いが服に付いてしまうのは同居家族にバレるリスクが高まります。

そのため「吸う」「吸わない」「非喫煙者の前では吸わない」の項目はしっかりと登録しておきましょう。

Cuddleにいる女性タイプを理解し目的を合わせる

3カ月Cuddleを利用している間に、様々な女性のプロフィールを閲覧しました。
そのうちに女性の目的は大きく3パターンくらいに分けられます。これ以外はほとんど見かけません。
※自分はマッチング設定を20代~45歳までにしていたので、この範囲外はわかりません

目的を合わせて女性にアプローチすることで、よりマッチ率を高めることができると思います。

①楽しく飲みたい!飲み友達募集タイプ

全体の50%くらいはこのタイプの感覚です。
プロフィールには「食べること飲むことが大好き」「お酒を飲みながらゆっくりと楽しい時間を過ごしたい」などが記載されていることが多いです。

こちらも「仕事終わりに飲みに行ける異性の友人が欲しい」という旨をプロフィールに記載していると高い確率でマッチしました。
私が一度お会いしたのもこのタイプの女性が1人。

始めから恋愛関係に進むことを考えているかどうかはわかりませんが、継続して飲みや食事に行っていたら進展する可能性もあるかと思います。

②恋愛目的!セカンドパートナー募集タイプ

プロフィールを見る限り、全体の40%ほどはこのタイプかと思います。
夫以外の男性とデートしたり恋愛したいという目的で登録しているタイプです。

①同様、まずは飲みから始まることが多いですが、そこでフィーリングが合えば恋愛関係に進むことは難しくないでしょう。
※使ってみて、初回の飲みに行くまでが非常にハードルが高いと感じました

プロフィールには以下のように書いていることが多いです。

  • 「夫のことは家族としてとしか見れなくなり、」
  • 「日常に刺激が欲しくて登録しました。」
  • 「お一人と長い関係を築きたいです。」
  • 「良いご縁がありますように」

逆に「婚外恋愛希望」「ホテルデート」などあまりにも直接的な表現をしている登録者の人は、マッチして即LINEに誘導してきたり、怪しいなと感じる人が多い印象でした(普通の人もいるかもしれません)

男性からしてもリスクを回避することは重要ですので、直接的なプロフィールの女性にはLIKEしづらいかもしれません。

③異性の友達が欲しい!健全タイプ

「恋愛をほとんどせずに結婚し、夫以外の男性とお話してみたい」
「毎日がルーチンで退屈。気晴らしに話せる異性の友人が欲しい」
「夫に裏切られたから、異性の友人として付き合える人を探している」

などというパターンで登録した女性です。

このタイプの女性は恋愛や不倫などは全く考えておらず、メッセージのやりとりや通話を楽しみたいと考えています。

プロフィールには、以下のようなことを書いていることも多いです。

  • 「体の関係は求めてません」
  • 「子どもがいる人はごめんなさい」(子どもに時間を使って欲しいから)

やりとりの内容は、日常で起きたたわいもない事から、夫との関係についての悩みを男性に相談したいなど。
このタイプの女性は相談役や異性の友達的なポジションの人を探しています。

感覚的には、登録者の10%ほどはこのタイプかなと思いました。

この女性にマッチしない人

  • 婚外恋愛希望としている人
  • デートや飲みを楽しみたい人

【番外編】その他の目的で登録している女性

以下、3パターンから外れるタイプの女性です。
あまり見かけませんが、特徴的でしたので紹介します。

オープンマリッジで堂々とパートナーを探している

Cuddleに登録して初めて「オープンマリッジ」という概念を知ったのですが、

これは「夫婦間以外の性的な関係に対して、相互の合意の下に開かれている結婚の形」とのこと。

日本だと馴染みがないですが、欧米だとわりと認識されているんだとか。

パパ活相手を探している独身と思われる女子

20代前半で、「支援してほしい」「夢の為に頑張りたい」などとプロフィールに書いてあります。
明らかにパパ活だとわかるものですが、プロフィールは美人そうな人が多でした。

LIKEするかはあなた次第です。

実際に会うまでのステップを理解する

Cuddleで出会うためには、ステップを理解しないといけません。

他のマッチングアプリのように基本的には自由恋愛でないため、慎重にメッセージをやり取りして内面を知っていくというプロセスがあります。

メッセージのやりとりを重ねたら、電話、食事(ランチor飲み)、デート・・・というステップで進んでいくことになります。
ただし実際に会うことができる女性はマッチした10%程度でした。

私は30人以上とマッチして3人とお会いしたので、実績としては10%以下。
この3人もCuddle上のやりとりを1ヶ月近く続けたので、如何にメッセージのやりとりを重ねる必要があるかお分かりいただけるかと思います。

このメッセージが面倒くさいと感じる方はCuddleは向いていない(そもそも出会えない)と思います。

一方でメッセージをやり取りすることにメリットもあります。

  • 信頼できる相手が見つかるので身バレリスクが少ない
  • 内面がマッチするので会ってから楽しい
  • メッセージのやりとりが意外と楽しい

結婚してからというもの、異性の方とメッセージをやり取りすることもほぼありませんでした。
そんな中、仕事が終わってから返事が来ているかどうかをチェックして、通知バッチがついていたらテンションが上がるなど、青春時代を思い出すようで正直楽しかったです(笑)

【既婚者が安全に出会いを楽しめる】 Cuddleの登録はこちらから

Cuddle GOLDプランに加入する

Cuddleで出会うには「Cuddle GOLDプラン」への加入が必須です。
このプランに加入しなければメッセージのやりとりができないためです。

Cuddle GOLDプランの価格について

単月プランで9,980円。
まとめ買いプランが3・6・12ヶ月で存在し、それぞれ割引されるようになっています。
実際に使ってみて、マッチしてからメッセージのやりとりが1ヶ月ほどは続くことが多いので、初回から3カ月プランに加入しておくのがおすすめです。

続いては実際に会うまでのテクニックについて解説していきます。
CuddleのGOLDプランに加入してから、ぜひ読んでみてください。

【既婚者が安全に出会いを楽しめる】 Cuddleの登録はこちらから

最難関は初回のデート約束。Cuddle上で誘うテクニック

Cuddleを使ってみて、最もハードルが高いと感じたのが初回のデートの約束に漕ぎつけることです。
その理由は大きく4つ。

  • そもそもの競争率が非常に高い
  • 女性の不安感が強い
  • 目的不明の男性には返信しない
  • 肉体関係がチラつく人も返信しない

会った女性に聞いてみると、こちらが想像する以上のLIKEを男性からもらっており、そもそもの競争率が非常に高い現実がありました。
1日に何十件もLIKEが来ることはザラにあり、女性からすれば選びたい放題の状況です。

また、既婚者ということもあり、皆リスク管理を徹底しています。
身バレする可能性はないか、住んでいる地域は近すぎないか、相手は信頼できるのか、など複数の要因をメッセージの中で探り、会うかどうかを判断するようです。

そしてプロフィールやメッセージから目的がわからない男性は、一律「体目当て」と判定されがちで、返信をしなくなるとのこと。

いくら既婚女性で恋愛相手を探しているといっても、セフレを探しているわけではないということを男性は理解しなくてはいけません。

Cuddleで会うのには近道無し
マイナスを如何に減らせるかが勝負

Cuddleに登録している女性は多数の男性からアプローチを受けています。
それらすべての男性に、すべてのスペックで勝つことは不可能です(結構社長とかもいるようです)。

なので、マッチングした後に、マイナス点を避けていくことが攻略法になります。
やや元も子もない結論になってしまいますが、Cuddleで実際に会うことにこぎつけるためには、

  • 真摯にメッセージを重ねる
  • 自己開示をして安心してもらう
  • まずは健全な付き合いから。食事を楽しむ

のように、誠実さ・真面目さ(Cuddleに登録しておいて…という感じですが)を押し出しながら、共通の趣味などを見つけて会話を盛り上げることが重要です。

お互いのことを十分知れたと思ったタイミングで、食事に誘ってみましょう。
たいだいメッセージを1ヶ月弱、回数にして20回程度を目安にしてみてください。

※回数が少ないと思うかもしれませんが、しょっちゅうスマホを開いてやりとりできないのでこのくらいになります。あと土日はメッセージが来ないことも多いです。

【まとめ】既婚者でも出会えるCuddle
まずは飲み友スタートだと出会いやすい

Cuddleを実際に使ってみての感想をお伝えしました。
すぐに恋愛関係に発展できる可能性はそこまで高くはないと思いますが、リスクを考えてもちょうどいいペースなのではと思います。

既婚者でも異性との出会いを楽しみたいという方は、ぜひ登録してみて下さい。

▼気になったらクリック