既婚者同士の復縁に冷却期間は必要?W不倫における冷却期間の目安と復縁方法

既婚者同士の恋愛に限らず、復縁には必ずといってよいほど冷却期間が必要とされています。

一般的な恋愛とは違って複雑な事情が多い既婚者同士の復縁では、どの程度冷却期間を設ければよいのでしょうか。相手の気持ちが見えないと、どの程度冷却期間を置けばよいのか判断できません。

本記事では既婚者同士の復縁に悩んでいる方に向けて、冷却期間の目安や復縁方法を詳しく紹介していきます。

復縁したくてもどのように行動すべきか悩んでいる方は、ぜひ最後まで目を通してみてください。

※この記事にはプロモーションが含まれています。

復縁のことならエキサイト電話占い

エキサイト電話占いは人気の占い師が多数在籍している電話占いサイトです。
エキサイトには恋愛相談を得意としている占い師も多く、復縁の悩みに寄り添って、アドバイスや今すべきことを教えてもらえます。

現在、初回合計最大8,500円無料とお得に利用できるので、一度占ってみてはいかがでしょうか。

初回特典を使って
復縁の悩みを相談してみる

PR:エキサイト

そもそも冷却期間とは?既婚者同士の復縁における冷却期間の目安

喧嘩と違って別れる決断をした場合は、復縁する際に必ず冷却期間を置く必要があります。別れてから復縁までの間に冷却期間を置かなければならないのは、どうしてなのでしょうか。

ここでは冷却期間の意味や必要性、既婚者同士の復縁における冷却期間の目安をケースごとに紹介していきます。既婚者同士の復縁を目指している方は、自分のケースに合わせて冷却期間を設けてみてください。

復縁における冷却期間の必要性

冷却期間とは恋人同士が別れた後に復縁を望む場合、お互いに冷静に話し合えるようあえて距離を置くことを意味します。別れた直後は相手の気持ちが冷めてしまっていたり、お互いが感情的になっていたりするため、冷静に話し合うことができません。

わざと相手との距離を置くことによってお互いが相手のことを冷静に考えられるようになり、自分の改善すべき点や別れる原因となってしまった根本的な理由に向き合うことができます。復縁を成功させるには冷却期間を置くことは必須とされていますので、まずは自分のケースに合わせて相手との冷却期間を設けてみましょう。

お互いに好きなまま別れた場合の目安

既婚者同士の復縁に必要な冷却期間の平均は、2~3ヶ月と言われていますが、お互いに好きなまま別れた場合は1ヶ月程度が目安となります。ここで重要となるのは、別れを決断した根本的な原因と向き合うことです。

既婚者同士の場合は、立場上の問題や家族に何かしらの問題が起きているなどの理由が考えられます。お互いに気持ちが暴走しないように気を付ける、相手の状況を考えながらお付き合いを続けるなどの提案をしながら、復縁したい旨を伝えてみましょう。

相手に振られてしまった場合の目安

既婚者同士の復縁で相手に振られてしまった場合の冷却期間は、2ヶ月程度がおすすめです。冷却期間中に意識しなければならないことは、どうして振られてしまったのか理由と向き合うことです。

あなたは相手の状況を考えずに、自分の気持ちを押し付けてしまったのかもしれません。自分磨きに力を入れながら、改善した姿をアピールして復縁したい旨を伝えてみてください。

自分から別れを告げた場合の目安

既婚者同士の復縁において自分から別れを告げた場合の冷却期間も、2ヶ月程度が理想的となります。相手はあなたから別れを告げられたことで、傷ついてしまっていることを理解しなければなりません。

冷却期間を置いた後には、自分から別れを告げてしまった理由や離れたことで相手の存在の大切さに気付いたことをきちんと伝えてあげましょう。自分本位の選択をしてしまったことを受け入れて、誠実な気持ちで相手に謝罪してみてください。

パートナーに怪しまれている際やバレた場合の目安

既婚者同士が別れを選ぶ理由の中には、パートナーに怪しまれている、不倫が発覚してしまったなどのケースも考えられます。この場合の冷却期間はお互いの気持ちというよりも、状況によって判断するのがベストです。

パートナーの監視の目が緩んでいなかったり、バレた直後にやり取りしてしまうと、大きなトラブルに発展しかねません。パートナーの監視が緩くなったタイミングや夫婦間のトラブルが落ち着いた頃を目安に、復縁したい旨を相手に伝えましょう。

激しい言い争いになって喧嘩別れした場合の目安

激しい言い争いになって喧嘩別れした場合の冷却期間は、3ヶ月程度置くことがポイントです。少し長く感じるかもしれませんが、相手が冷静になっていなければ復縁は成功しません。

お互いの感情が落ち着いて冷静に向き合えるようになる目安が、3ヶ月程度とされています。復縁したい旨を伝える際は、あくまでも冷静に謝罪の気持ちを伝えましょう。

既婚者同士の復縁に必要な冷却期間の過ごし方

冷却期間を置いていても、ただ待っているだけでは復縁に繋がりません。冷却期間を置く際には、復縁に向けて自分なりに行動を起こす必要があります。

ここでは既婚者同士の復縁に必要な冷却期間の過ごし方について、詳しく解説していきます。これから冷却期間を置こうとしている方は、ぜひ参考にしてみてください。

トラブルになった原因と改善すべき点について振り返る

既婚者同士の復縁に向けて前向きに冷却期間を過ごしていくには、トラブルや喧嘩の原因になった理由と改善すべき点について振り返ることが重要です。トラブルの原因や改善すべき点と向き合っておかないと、復縁しても再び同じことを繰り返してしまうかもしれません。

復縁するということは同じことは繰り返さずに、もう一度良い関係を取り戻すことです。原因を素直に受け入れて、自分の悪かった部分は冷却期間中に改善しましょう。

自分磨きに力を入れて良くない部分を改善する

別れてしまった理由はさまざまですが、原因の中にはマンネリや愛情不足といった問題もあげられます。冷却期間中は自分磨きに力を入れながら、外見も中身もさらに魅力的になるよう努力しておきましょう。

別れたときよりも魅力的に変わっていれば、復縁の可能性も高くなっていきます。冷却期間を自分磨きの時間にあてて、良くない部分を改善していってください。

相手との楽しかった日々を思い出して心を落ち着かせる

相手と喧嘩して別れてしまった場合は、しばらくの間は感情的になっていることも多いです。相手に対して苛立ちや怒りを抱えたままでは、復縁もうまくいきません。

冷却期間を置いている間はできるだけ相手との楽しかった日々を思い出してみてください。楽しかった日々を思い出していくことで、徐々に心にも落ち着きが戻ってきます。

自分のことにも力を入れて依存心を手放す

相手に依存し過ぎると、既婚者同士の場合でも相手が負担に思ってしまうことが増えていきます。相手に依存したままでは、復縁を迫っても受け入れてはもらえません。

相手のことだけではなく自分のことにも力を入れていくことで、自然と依存心を手放すことができます。冷却期間中は自分のために時間を使ってみましょう。

冷却期間を置いたら即行動!既婚者同士の復縁方法

冷却期間を置いたら、復縁のために行動を起こすことがポイントです。相手のアクションを待っているだけでは、なかなか復縁のチャンスは訪れません。

ここでは冷却期間を置いた後の既婚者同士の復縁方法について、詳しく紹介していきます。冷却期間を置いた方は、ぜひ実践してみてください。

どちらが悪くても自分から謝罪する

別れた原因はさまざまですが、どちらが悪かったとしても自分から謝罪することは復縁への第一歩となります。相手の中に怒りが残っていたとしても、謝罪されれば冷静に考えられるようになるでしょう。

感情的になりやすい人は、特に注意してください。ここで感情的になると再び喧嘩になってしまう可能性が出てくるので、冷静に気持ちを伝えることを意識してください。

もう一度復縁したい旨を素直に伝える

相手からの復縁を待っていたり、相手に言わせようとしたりするのは逆効果となります。相手も同じことを考えれば一方通行となってしまうため、いつまで経っても復縁のチャンスを掴めません。

相手との復縁を望んでいるのなら、自分からもう一度復縁したい旨を伝えてみましょう。真剣に自分の思いを伝えれば、相手に届く可能性も高くなっていきます。

感情的にならず冷静に復縁について話し合う

せっかく正しい冷却期間を置いても、感情的になってしまえばすべて無駄となってしまいます。既婚者同士がお互いに復縁について話し合う際には、あくまでも冷静に話すことが大切です。

2人の中に何か問題が残っていても、冷静に話し合えば解決策も見つけやすくなります。冷静に話し合って復縁すれば、その後も同じようなことを繰り返さなくなります。

改善した努力をアピールする

冷却期間中に自分を磨いたのであれば、その努力を相手にアピールしてみましょう。〇〇が悪かったと思ったので自分なりに努力をしたと伝えれば、相手もその努力を認めてくれます。

自分と復縁するために努力してくれたと分かれば、相手も復縁を前向きに考えてくれるかもしれません。復縁したい気持ちを伝える際は、外見にも気を使って魅力をアピールしてください。

何があっても相手との関係を貫きたい覚悟を伝える

お互いの家族や状況などが問題で別れた場合は、何があっても相手との関係を貫きたい覚悟を伝えてください。覚悟を示さないと相手は不安を抱いてしまうかもしれません。

離婚を円満に進めるためには「別れさせ屋」という便利なサービスもありますから、真剣に相手との将来を望んでいることを伝えましょう。覚悟を持って復縁したい旨を伝えれば、相手も安心してあなたとの関係を築いていけます。

既婚者同士の復縁で注意すべきポイント

既婚者同士の復縁を望む際に、せっかく冷却期間を置いてもNG行為をしてしまえばすべてが無駄になってしまいます。既婚者同士の復縁を成功させるには、注意すべきポイントを抑えておかなければなりません。

ここでは既婚者同士の復縁で注意すべきポイントについて、詳しく解説していきます。ポイントを抑えながら、ぜひ復縁を成功させてください。

感情的になりながら復縁を求めない

まず第一前提として、復縁を求める際には絶対に感情的になってはいけません。自分が感情的になりやすいと自覚があるのなら、冷却期間中に冷静になる努力をしておきましょう。

感情的になってしまうのは、自分の思い通りにならないことに腹を立ててしまうからです。相手の状況や気持ちも考えながら、冷静に復縁したい旨を伝えましょう。

別れた原因をぶり返さない

仮に別れた原因が相手の浮気だったとしても、復縁を求めるなら別れた原因をぶり返してはいけません。相手は別れた原因をぶり返されたことで、一気に復縁したい気持ちが冷めてしまいます。

価値観が合わない、意見の衝突なども同じことが言えます。別れた原因をぶり返さずに、相手を理解する努力を意識してみてください。

相手を絶対に責めてはいけない

連絡をくれなかった、自分の気持ちを理解してくれなかったなど再び相手を責めてしまうのも逆効果となります。理由を聞きたい際には、今後の参考にしたいから本心を聞かせてほしいと丁寧にお願いしましょう。

相手から責められると恐怖心を抱いてしまい、やり直したいとは考えられません。冷却期間を置く重要性を思い出しながら、相手の気持ちに寄り添う努力をしてみてください。

既婚者でも彼が大好き。そんな人は禁断の恋や復縁に強い占い師に相談してみて(PR)

電話占いフィールは、禁断の恋や復縁に強いと評判の占いです。厳しい審査をクリアした実力派占い師のみが在籍しており、その人数も多くあなたにマッチした占い師を見つけられます。

また24時間鑑定を受け付けており、悩む人の気持ちに寄り添う姿勢も見られるのもポイント。
既婚者彼氏との未来を知りたい、本命になるにはどうすればいいのか、このような悩みを相談したい人はぜひ相談してみてください。

フィールでは期間限定で、初回登録で3,000円分、初回鑑定で2,000円の無料鑑定をプレゼントしているので、まずは一度占ってみてはいかがでしょうか。

【公式】占いで悩みを解決する⇒

まとめ

既婚者同士の復縁に必要な冷却期間は、別れた原因や状況によって微妙に異なってきます。一番大切なことは別れた原因と真摯に向き合って、改善する努力をしていくことでしょう。

せっかく冷却期間を置いても、別れたときと何も変わっていなければなかなか復縁はうまくいきません。お互いに良くなかった部分と向き合って、同じことを繰り返さないようにすることが重要です。

この記事で紹介した冷却期間の過ごし方や復縁方法を参考に、ぜひ既婚者同士の復縁を成功させてください。

不倫のことならエキサイト電話占い

エキサイト電話占いは人気の占い師が多数在籍している電話占いサイトです。
エキサイトには恋愛相談を得意としている占い師も多く、不倫の悩みに寄り添って、アドバイスや今すべきことを教えてもらえます。

現在、初回合計最大8,500円無料とお得に利用できるので、一度占ってみてはいかがでしょうか。

初回特典を使って
不倫の悩みを相談してみる

PR:エキサイト