喧嘩別れした後の復縁の可能性はゼロ?男性側の心理を解説

彼氏と些細なことから喧嘩してしまった、そんな経験を持つ人もいるはず。
しかし、喧嘩してそのまま別れてしまったときは大変悲しいですよね。

今回の記事では、以下の3つの悩みを持つ人に向けた記事になっています。

  • 喧嘩別れした彼は、今どう思っているのか?
  • ブロックされた、連絡が来ないのは悲しい
  • 喧嘩別れしても復縁したカップルを知りたい

喧嘩別れとは、本来あなたも望んでいない別れ方だったはず。
男性は喧嘩別れをして何を考えていて、今後あなたと男性がどのような関係になるのかを解説していきます。

喧嘩別れした男性は実はこう思っている

別れた彼氏がその直後、何を考えているのか、気になる方も多いでしょう。
別れ方に正解はありませんが、喧嘩別れは最も最悪な別れ方のようにも思ってしまいます。
別れた後も、相手の気持ちついて知りたいのは自然なことです。

では、喧嘩別れをしてしまった彼氏は何を考えているのでしょうか。

言い過ぎたと後悔をしてしまっている

結論から言うと、喧嘩別れした男性は後悔している可能性が高いです。

喧嘩した時に彼があまりに怒っていたら、二度と口を聞いてくれないのではないかと思う人もいるでしょう。

喧嘩は感情が爆発したときに起こるものですよね。

しかし、本当は思ってもいないのに怒りの感情に任せて、ついつい強く言ってしまう人もいます。
性格にもよりますが、あまりに頑固でない限りは喧嘩を振り返ってみて「自分も悪かった」と振り返るのが一般的です。

言えてなかった本当の気持ちを思い出している

最近、男性の中には本音を言えない人が増えています。
本音を隠した結果、ストレスを溜め、喧嘩別れに至るケースもあります。

「あなたに受け入れてもらいたかった」
「ただ、楽しく過ごしたかっただけ」
「あなたとの関係は大事だけど、仕事に集中したい」

男性は単純ですが、本音がわからない生き物です。
厄介なのは、男性自身が自分の本音に気づいていないときでしょう。
喧嘩する前は口にもしなかったあなたへの愛情を”いなくなってから気づくこと”がよくあります。

「あなたと本当は〇〇したかった」

あなたと別れて気付いた本音、これらを思い後悔している場合があります。

後悔しているなら、なんで元カレから連絡が来ないの?

喧嘩した場合、多くの男性が後悔していると説明しました。
後悔しているのなら、メッセージなど何かしらのアクションをしてくるのか気になりますよね。

また、喧嘩別れでLINEをブロックする男性はどのような心理なのでしょうか。

それでは、喧嘩別れの彼の行動の心理について解説していきます。

男性はプライドが高い人が多い

世間からの評価や、周りの友だちからの目を過剰に気にする男性がいます。

そのような男性は、自分から謝るのが苦手です。

女性側が謝罪して、初めて連絡を返してくれるような人もいるとか…。

どれだけ後悔していると言っても、プライドを曲げてまで謝罪する男性は少ないです。

また、プライドの高い男性で連絡をしてくる場合でも「久しぶり!」などと、喧嘩に触れないケースが多いです。
そのような男性の連絡に、簡単に返事をしてしまうとあなたは相手の思い通りになってしまいます。

やはり、相手に謝罪の気持ちがあるのかがとても重要です。

時間を開けて連絡を返してみたり、冷たく返事することをおすすめします。
そして再び会うのは、相手が謝罪したいという気持ちが分かったときだけにしましょう。

男性側の気持ちが落ち着いていない

喧嘩して気持ちが落ち着くまでの時間は人それぞれです。
あなたが謝罪のメール・LINEを送ったのに返信が全く来ない、もしくは連絡先をブロックされるかもしれないということもあるでしょう。

しかし、まだ諦める必要はありません。
男性はあなたとの関係を断ち切りたいというより、むしろ単に気持ちが整理できていない場合があります

喧嘩別れした男性は別れた直後より数週間経ってからのほうが気分が落ち込む傾向にあります。
あなただけではなく、他の人にも返事を返す予定はないのかもしれません。

このような男性に対しては、時間を空けるという解決策が最も有効です。
彼を焦らせてしまったり、攻めて詰めたりするのは逆効果になります。

どんなに心配な人であっても、ブロックされている彼のSNSの更を見るのは注意すべきです。
あなたとっては単なる生存確認ぐらいの気持ちかもしれませんが、思わぬショックを受けます。SNSを確認するのはやめておきましょう

喧嘩別れしても復縁したカップルっているの?

ここまで、喧嘩別れでの男性の気持ちを整理しました。
良い別れではないからこそ、復縁は難しそうと思われる人も多いかも知れません。確かに簡単なものではありません。

しかし、実際に復縁しているカップルさんは何組もいます

もし、復縁したいと考える読者さんがいたらぜひ参考にしてみてください。

友だちを通して誤解を解消、一気に復縁したKさん

Kさんのカップルは、付き合って3年の共働きをしている30代です。
彼氏さんは仕事で出張が増え、寂しさが募るKさん。

重要な役職を任された彼氏さんは、Kさんの気持ちに気づけず仕事に熱中する日々です。
記念日の日に残業になってしまい、お互いの不満が爆発します。

3年間で喧嘩したのが、そのとき初めてだったのだそう。

Kさんがびっくりしたのは、いつも穏やかだった彼氏さんがめずらしく怒鳴っていたことでした。

そこから3ヶ月ほど、お互いに全く連絡を取り合っていなかったようです。
付き合うきっかけを作ってくれた友だちBさんは、Kさんに元気がない様子に気づきます。

友だちBさんは、彼氏さんとも話しました。
すると、彼氏さんは「Kさんとの幸せな安定した家庭を築きたい」という気持ちが仕事を頑張れる理由だったのだそう。

二人が連絡をしなかったのは、「なんて言っていいのかわからなかった」と。

すぐに誤解が解け、一気に復縁したそうです。
一見簡単に解決しそうな問題のように思いますが、実際私がそうなっていたら確かに行動するのも難しかった気がします。

お互いを知る友人がいたからこそKさんは解決しましたが、大抵の人はそうではないと思います。
勇気を持って、素直に行動することが求められます。

これは普段の喧嘩でも言えるのですが、溜めて思いを爆発させるのは、自分にとっても彼にとっても良いものではありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか、喧嘩別れした男性の気持ちは後悔している場合が多いです。
そもそも喧嘩しないことが一番ですが、喧嘩してもすぐに仲良く慣れるカップルになりたいですよね。

  • 喧嘩別れした男性は「言い過ぎた」と思っている
  • 普段から本音を伝えられない男性が増えている
  • 男性はプライドの高い人が多く、自分から謝罪する人はいない
  • 喧嘩しても復縁するカップルはいる

一見、喧嘩の原因にもより、難しい問題のように思いますが、紹介したKさんのように外から見ると案外単純なのかもしれません。

人生は一度きりです。
喧嘩別れしても、「もう一度彼と一緒になりたい…」そんな気持ちがあるのなら、一歩勇気を出して行動してみてくださいね。