【マッチングアプリ】ブロックしても大丈夫?逆恨みリスクや適切なタイミングを徹底解説!

  • ブロックしたいけど逆恨みがこわい…
  • ブロックしたいけどなかなか勇気が出ない・気が引ける
  • ブロックしたいけどどのタイミングでするのがいいの?

マッチングアプリを利用していてこんな不安や悩みを抱いたことはありませんか?

「この人はちょっと合わないかな…」「なんかこの人こわいなぁ…」「いい人がいてその人とのやり取りを優先したい」など、一度マッチングした相手をブロックしたいときもありますよね。

マッチングアプリのブロックで逆恨みされないためには、いくつか注意点があります。
今回は、ブロックで逆恨みされるリスクタイミングについて、長年にわたる私のマッチングアプリの経験をふまえて解説していきます。

ブロックしたいけど逆恨みがこわい…と思っている人は、ぜひ最後まで読んでいってくださいね。

ブロックするとどうなるの?

そもそもマッチングアプリでブロックするとどうなるのでしょうか?

ほとんどのアプリではブロックすると、相手のプロフィールやメッセージが見れなくなります

相手の画面には「退会済み」と表示され、本当に退会した人と同じように見えます。
相手からは、あなたにブロックされたのか、本当に退会したのかわからないんですね。
また、検索結果にも表示されなくなります。

ブロックと非表示の違いは?

ブロックはお互いの相手の情報を見れなくなります
一方、非表示の場合、あなたの画面に相手が表示されなくなるだけで、相手からは今まで通りあなたの情報を見ることができます。

また、アプリによっては、非表示はいつでも解除できますが、ブロックは一度行うと解除できないというものもあります。

ブロックがバレることはないの?

相手をブロックしたとしても、基本的にはバレません

相手の新しいアカウントや知り合いのアカウントで、あなたが検索結果で表示されない限りは、あなたのアカウントにたどり着くことは無いと言えます。
本当は退会していなかったことをアプリ内から知られるのは、こういったケースくらいです。

ただし、マッチングアプリでは「急に退会する=ブロックされた」というのが暗黙の了解ともいえるので、間接的には伝わってしまうことも少なくないのが現状です。

マッチングアプリでブロックするのは失礼?

マッチングアプリで相手をブロックするのは何も失礼なことではありません。
というのも、たくさんマッチングしたとしても、恋人や結婚相手となるのは一人なので、最終的には他の相手は全員お断りせざるをえないわけです。

マッチングアプリでは、ブロックはお断りのサインと考える人が多いので、とくに後ろめたく感じる必要はありません。

脈なしの相手といつまでも繋がっていると、相手に脈ありと勘違いされてしまう可能性もあるので、むしろはっきりとブロックでお断りした方が良い場合もあります。

ブロックで逆恨みされるリスク

結論から言うと、ブロックしたことで逆恨みされるリスクはそれほど高くないです。
マッチングアプリに慣れている相手であれば、「ブロック=お断り」と割り切れる人も多いからです。

私自身もマッチングアプリで「この人なんか怪しい…?」「なんかこわいなぁ…」と思った人はブロックしていますが、ひどい逆恨みをされたことは今までありません。
後ほど紹介するブロックするときに気をつけることを意識していれば、逆恨みによる被害や嫌がらせに遭うことは少ないでしょう。

ただし、中にはブロックされたことで、危険な思考が芽生えてしまう人もゼロではありません。

逆恨みによる具体的な被害として以下のようなものがあげられます。

・LINEなどで暴言
・個人情報を特定される・さらされる
・ストーカー

消費者庁のアンケート調査によると、実際にマッチングアプリ利用時のトラブルとして、不快な発言メッセージストーカーなどの被害の声が挙げられています。
これらの全てがブロックが原因というわけではありませんが、これらのトラブルを知って、少しでも被害に遭う危険性は減らしておきましょう。

マッチングアプリ利用時のトラブルや困ったこと

消費者庁|マッチングアプリの動向整理

LINEなどで暴言

アプリ以外の連絡手段がないのであれば問題ありませんが、LINEなど他にも連絡をとる方法がある場合は、暴言を言われるケースがあります。

気分の悪いことこの上ないですが、他の嫌がらせを受けていない場合は、全ての連絡手段を断ち切れば解決できることは多いです。
逆恨みによる暴言を受けないために、マッチングアプリでブロックしたユーザーの連絡手段はあらかじめシャットアウトしておくのもよいでしょう。

個人情報を特定される・晒される

名前や顔写真などから個人情報を特定されるパターンです。
中には特定した個人情報をネットに晒そうとする人もいます。

また、SNSを知られていて、周りの人にあることないこと言いふらされたという被害もありした。

相手が信頼できるまで、むやみに個人情報を教えるのは控えた方が安全です。

ストーカー

あなたの住所や活動範囲を知っている場合は、アプリやLINEをブロックしてもつきまとわれたケースもあるそうです。

また、SNSなどインターネット上でつきまとう「ネトスト」もストーカーの一種です。
SNSで接近されたり、アプリ内で新しい名前で他人のふりをして何度もアプローチされた、という声もありました。

ストーカーの被害が絶えない場合は、警察などへの相談も考える必要も出てくるでしょう。

ブロックで逆恨みされないためにはタイミングが重要

ここでは、逆恨みのリスクを減らすために気をつけることをご紹介します。

ブロックで逆恨みされないためには、タイミングが重要です。

「昨日まで順調にやり取りを続けていた」「デートの約束をしていた」「デートをした後」など、相手があなたを脈ありと思っているときに突然ブロックするのは、逆恨みされるリスクが高まってしまいます。
ブロックする際は以下の3つのことに注意しましょう。

まずはフェードアウトする

もしも相手をブロックしたいと思っても、いきなりブロックするのではなく、まずはフェードアウトするのがオススメです。

返信の頻度を下げる、返信をやめるなど、緩やかに距離を置いていけば、相手も自分に興味がないと気づいていきます。
自分に興味がないことに気づけば、次第に相手もあなたへの興味も薄れていきます。

こうして、少しずつフェードアウトしていって1週間後くらいを目処にブロックするのがよいでしょう。

デートの約束をしたならブロックはしない

相手とデートの約束をしたなら、よほどのことがない限りブロックしてドタキャンするのは控えましょう

デートの約束をしているというのは、いわば一番相手の期待が高まっている状態です。
それをブロック+ドタキャンという形で踏みにじるのは、はっきり言ってマナー違反です。
待ち合わせ場所で相手が待ち続けることになり、場合によっては通報の対象となってしまいます。

逆恨みの危険性が大きく上がるので、会うか否かは慎重に判断すべきですし、約束をしたのであればデートにはいきましょう。

どうしても行く気にならない、危険人物の可能性が出てきたなどの場合は、急用などを理由にしっかりと謝罪のメッセージを送って、フェードアウトしましょう。

デートをした相手なら一言添える

マッチングアプリでは、マッチングしただけ、やり取りはしたけどデートには至らなかった、という相手もたくさんいます。
そんな中、お互いに時間を使ってまで会う関係まで発展した以上、相手が自分に好意を抱いていてもおかしくありません。

実際にYahoo知恵袋にも「デートして脈ありだと思っていたのに、突然ブロックされた」というお悩み相談がありました。

Yahoo知恵袋|恋愛相談、人間関係の悩み

「会ってみたら全然違った」というのもよくあることだと思いますが、マナー的にも逆恨みを買わないためにも、丁寧にお断りの旨を伝えてからブロックするとよいでしょう。

安心して出会いを楽しみたいならCoCome

CoComeは、マッチングした後で「ブロックしたいけど逆恨みされないかな・・・」など気にすることは起きづらいアプリです。
あらかじめ自分のスマホに入っている連絡先はブロックしたり、自宅近くなど指定距離以内のユーザーには表示されないようにするなど、プライバシー保護機能が充実。

他にもお互いの内面を知っていけることを重視している機能など、他のマッチングアプリよりも真剣度が高くなるのも特徴です。ぜひダウンロードしてみてください。(PR)

【公式】CoComeのダウンロードはこちらから

まとめ

今回はマッチングアプリのブロックで逆恨みされるリスクやオススメのタイミングを解説しました。

マッチングアプリの相手をブロックするのは失礼ではありません。
マッチングアプリでは、「ブロックがお断りの合図」という暗黙の了解があるので、大半の人はブロックされたことに気づいても、割り切って諦めてくれることが多いです。

ただし、急にブロックするのは逆恨みされるリスクが高まるので、タイミングには気をつけましょう。

みなさんがマッチングアプリでトラブルや嫌がらせに遭わず、素敵な人と出会えることを願っています。