ストーカー気質の男性の特徴は?見抜き方や対処法を紹介

「ストーカー気質な男性の特徴が知りたい」関わっている男性がストーカーかもしれない」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
気がついたら思いもよらないところで、ストーカー被害に遭ってしまうことも。
女性の方は常に心配になるかと思います。

この記事では、ストーカー行為の定義から、ストーカー気質の男性の特徴、被害に遭った際の対処法について解説します。
ストーカー気質のある男性の特徴を把握することで、被害を未然に防ぐことに繋がります。

ぜひこの記事を最後まで読んで、知識をつけておきましょう。

この記事で紹介する特徴や傾向については、必ず当てはまると断言するものではなく、特定の男性を貶めることを意図したものでは一切ありません。

ストーカー行為の定義は?

ストーカー行為を伴ったトラブルは、時に大きな問題となっているため、法律の整備はもちろんのこと、心理学的に研究が進んでいます。
警視庁の「ストーカー規制法」を見ると、ストーカー行為は以下に該当するものと明確に定義されています。

・つきまとい・待ち伏せ・押し掛け・うろつき等
・監視していると告げる行為
・面会や交際の要求
・乱暴な言動
・無言電話、連続した電話・ファクシミリ・電子メール・SNS・文書等
・汚物等の送付
・名誉を傷つける
・性的羞恥心の侵害
・GPS機器等を用いて位置情報を取得する行為
・GPS機器等を取り付ける行為等

【参考】警視庁|ストーカー規制法

また、東京大学の論文によれば、ストーカー行為は「相手が求めていない,望まれない行動」がストーキング行為と定義される重要な要素と書かれています。

【参考】東京大学|ストーキング関連行動に関する一考察

ストーカー気質のある男性の特徴とは

ストーカー気質のある男性に見られる行動や性格の特徴は、下記4つのポイントがあります。

  • 上記の範囲を超えて連絡をしてくる
  • 意思疎通がうまくいかない
  • ナルシスト
  • 嫉妬心が強い、束縛が激しい

1つずつ解説します。

常識の範囲を超えて連絡をしてくる

LINEやSNSのダイレクトメッセージなどで、異常な頻度で連絡をしてくることが特徴として挙げられます

異性と連絡などのやり取りをすることは、普通のことです。
しかし、数分間に一度など、あなたが違和感を覚えるほど頻繁に相手から連絡がくる場合は、怪しいと思ったほうがよいでしょう。特に、女性側から会話を終わらせているにも関わらず、常に連絡を送ってくる人には注意が必要です。

また、メッセージを返さないと追加でメッセージを送ってくる人や「〇〇をしました」などと行動を逐一報告をしてくるような人も、特徴として当てはまるかもしれません。

必要以上に連絡を取ろうとしてくる人は、ストーカーの気質があると言えるでしょう

意思疎通がうまくいかない

メッセージなどのやり取りをしている中で、意思疎通がうまくいかない男性はストーカー気質の特徴として挙げられます

文脈から意味を読み取ることができない場合や、本質的な意味が理解できない場合などは注意が必要です
幼少期から友人が少なかった人や、親とコミュニケーションが取れていなかった男性は、意思疎通がうまくできない傾向や可能性があります。

このような男性は「貴方に対して好意が無い」ということを言動から理解してくれないため、女性との距離感を間違えることが多々あります。

プライベートな話などをしてしまうと、相手は「仲が良くなった」と勘違いしてしまうので、コミュニケーションを控えるほうが無難でしょう

ナルシスト

自撮りの写真を送ってきたり、自分の自慢話をしてきたりするなど、ナルシストなタイプの人が特徴として挙げられます

自分に自信を持っているため、フラれることを考えずに行動をしてくる傾向があります。

また、自分勝手に解釈をすることが多いので、女性側の嫌悪感が伝わらない可能性が高いです。

「自分に惚れている」と勘違いして女性に接してくる人もいるので、注意が必要でしょう。
このタイプの人は、ハッキリと言わない限り嫌われているということを理解してくれません。

自分優先で言動を行う性格なので、近寄らないほうがよいでしょう。

嫉妬心が強い、束縛が激しい

嫉妬心が強い男が特徴として挙げられます。

「気になっている女性が、誰かに取られてしまうのではないか」と疑心暗鬼に陥ってしまうと、ストーカー気質な男性は手がつけられなくなります。
女性が自分の知らない相手と会うことや、知らない場所に行ってしまうことを極端に嫌うので、気にすることでストーカーとなってしまうのです。

このタイプは自分に自信が持てない性格で、常に不安を抱えているために、精神的に不安定になってしまいます。

交際しているときに束縛が激しい男性も、別れたあとにストーカーになりやすいので注意が必要です

ストーカー気質のある男の危険な思考

ストーカー気質な男性は、一般的には理解できないような危険な思考をもっていることが多いです。
ここでは、危険な思考3パターンを紹介します。

  • 「あなたが心配だから」
  • 「自分は間違っていない」
  • 「好きなのにどうして?」

1つずつ解説します。

「あなたが心配だから」

頼んでもいないのに、女性を守る存在だと勘違いしている思考です。

女性を尾行したり、観察したりする行為を、女性を守ってあげていると思い込んでいることがあります。
ストーカー自身は、怖い行動であると理解しておらず、反対に女性のためを思って行動していると考えています。

「辞めて」と女性側が批判しても「嫌われてでも守らなければ」と間違った認識をしてしまい、自分自身のせいで女性に恐怖を与えていることに気が付かないのです。

「自分は間違っていない」

自分が行っている行動は一切間違っていないと勘違いしている思考です。頑固な性格で、自分が行っている言動が全て正しいと思っています。

そのため、過剰なほど連絡をとったり、付きまとったりすることに抵抗がありません。
また、一度でも好意的な言動をしてしまうと「この子は自分に惚れているのでは」と勘違いした考えを持ったまま、思い込んでしまいます。

「好きなのにどうして?」

好意的な行動は悪いことではないと勘違いしている思考です。

「あなたが好きだから素直に気持ちを伝えているだけです」と、自分さえ良ければよいと、相手のことを考えることがない思考の持ち主なので、好意を向けることは悪いと感じていません。
否定をされればされるほど「どうして?」といった気持ちが強くなり、大胆な行動が増えてきます。

好意を表現していることが気持ち悪いことだと認識が出来ていないからこそ、起きてしまう思考です。

ストーカー被害にあった場合の対処法

ストーカー被害にあってしまった場合はどのような対処を取ることが適切でしょうか。不安が募っているかもしれませんが、落ち着いて行動することが大切です。

下記の3つの対処法があります。

  • 興味がないとハッキリ伝える
  • 警察に連絡する
  • 異性の友人に相談する

1つずつ見ていきます。

興味がないとハッキリ伝える

相手に好意を持たれている場合、ハッキリと興味がないということを伝えましょう

直接会う場合は、人気の多いお店や安全な場所で伝えるようにするのがおすすめです。
直接会うのが不安な人は、電話やメッセージで伝えることも有効的でしょう。

ストーカー気質の男性は、基本的に自分が悪いという感情やストーカーをしているという感覚が薄い場合が多いと思います。興味がないことと、不快な思いをしていることを明確に伝えることが必要です。

まずはハッキリと自分の思いを伝えることから始めましょう。

警察に連絡する

ストーカー相手の言動に耐えられない場合は、警察に連絡をしましょう

この際に、メッセージのやり取りや録音のデータなど、証拠として残るものを用意することが大切です。
悪質であると判断された場合は、警察のほうから警告や禁止令などの処罰を行ってくれます。

この際に、警察沙汰になることで逆襲してしまう人もいるので、慎重に対応する必要があります。
しかし、警察からの注意を受けて、初めて自分の行いが行き過ぎたものだと理解できる人もいます。

冒頭でも紹介した警視庁|ストーカー規制法の内容に当てはまっていれば、警察も対応してくれる可能性が十分にあります。

自分1人で不安な人は、相談からしてみると良いでしょう。

異性の友人に相談する

ストーカー被害で困っている場合は、身近な頼れる男性に相談をしましょう移動する間や1人では危険な場所には同席をしてもらうなど、協力を募ると安心です。

しかし、他の異性と関わることで、ストーカーの被害が増えてしまうこともあります。
慎重に判断しながら、必要であれば警察に頼ることも視野に入れましょう。

ストーカー被害を未然に防ぐには

ストーカー気質のある男性の特徴が分かったら、未然にストーカー被害を防ぐように行動する必要があります。

  • 興味のない男性とは距離をとる
  • 否定の意思を強く表現できる女性になる
  • 別れさせ屋を利用する

2つのポイントを意識しましょう。

興味のない男性とは距離をとる

興味のない男性とは、とことん関わることがないようにしましょう

少しでもやり取りをしてしまったり、好意的な面を見せてしまったりすると、誰でも勘違いをしてしまう可能性があるものです。
やり取りをすることがないようにすれば、ストーカーにまで発展するリスクを最小限に抑えることができるでしょう。

少しでも怪しいと感じた場合は、距離を取って様子を見ることをおすすめします

相手に対して、隙を見せずに対応することが大切です。

否定の意思を強く表現できる女性になる

ストーカー被害に遭いやすい女性は、はっきりとNOと言えないことが多いです
自分が不快に感じたことには、嫌であるという意思表示ができるようにしましょう。

しかし、中には男性が怖くて発言ができない場合や、気にしいな性格でハッキリと意見が言えない女性もいるかと思います。

その場合でも、連絡を一切返さないなど、少しでも否定の意志が伝わるような言動を心がけるようにしましょう
強い否定の意思を言葉や行動で男性側に理解させる必要があるのです。

一方で、相手を逆上させることで、さらにトラブルが深刻になる可能性があります。
身の危険を感じるほどにまで発展してしまっている場合は、別れのプロフェッショナルに相談することも視野に入れなければなりません。

別れさせ屋を利用する

交際している異性と別れる際に問題が起きてしまい、ストーカーの被害に遭ってしまうことも少なくありません。

束縛が激しいなどのストーカー気質が高い男性と付き合っていた場合、別れる際に「ストーカーになってしまうのでは?」と心配になることでしょう。
縁切りのプロフェッショナルである「別れさせ屋」を利用すれば、円満に別れられるように工作してくれます

できるだけストーカー被害に遭わないように配慮したいという方におすすめです。

まとめ

ストーカー気質の男性の特徴や対処法について説明しました。

ストーカー気質の男性の心理は、女性では理解ができないことが多いのではないでしょうか。ストーカー気質の男性は勘違いしやすい人が多いので、否定の意思を表明しつつも相手にしないことがおすすめです。

男性の特徴を理解して、思わせぶりなことをしないように注意をしましょう。

また、危ない目に遭いそうな場合や危険だと感じた場合は、すぐに警察や知人に連絡や相談をするようにしましょう。

決して1人で思い悩むことがないようにしてくださいね。