非常識な人はどのような人?特徴や対処法を解説

「非常識な人ってどうやって対処すればいいの…?」などと困っている人も多いのではないでしょうか。

世の中には非常識な人が一定数存在します。
時には非常識な人の行動で、自分に迷惑がかかったり、不快な思いをしたりした経験があるのではないでしょうか。

そのような時に、慌てず焦らずに対応できるとスマートでよいですね。

この記事では、非常識な人の特徴と対処法について解説します。

身近な人で非常識な人がいた場合に、うまく対処ができるようぜひ参考にしてください。

非常識な人とは

非常識な人とは、一般的に常識だと思われている感覚から外れていることや、従うべき社会模範から外れている人のことを指します。

また、TPOをわきまえた言動ではない様を表しているかと思います。
TPOは時間、場所、場合の3つのことです。
その瞬間やその場所で、当然とされている共通認識から外れた言動をしてしまう人が、非常識な人と言えるでしょう

さらに、自分がの言動によって、相手がどのように感じるのかを考えられない人や理解ができない人も、非常識な人となってしまいます。

非常識な人の特徴

非常識な人は下記の特徴が当てはまります。

  • 周りが見えない人
  • マナーを守らない人
  • 場をわきまえない人
  • 約束事を守らない人
  • 自分勝手な人

1つずつ説明します。

周りが見えない人

周りの状況が把握できない人が特徴として挙げられます

一般的に「空気が読めない人」と言われることも多いです。
周囲の人が求めていることを理解できずに、空気が読めていない行動をしてしまいます。

このタイプの人は、行ってはいけないことや言ってはいけないことの判別ができないため、1つの行動で周りに迷惑をかけてしまう可能性があるのです。
時には他人が気にしている大事なことを口にだしてしまい、その場の空気が凍ってしまうことも。

決して悪気があるわけではなく、周りの状況を把握する力がないために起きてしまう出来事なのです。

マナーを守らない人

マナーを守ることができない人が特徴として挙げられます

マナーは、社会や集団で「暗黙の了解」と認知されているルールのようなものです。
一般的な人はマナーは守るべきものと考えているため、守れない人は周りからの信頼を失ってしまいます。

また、マナーは他の人に対しての礼儀や敬意を表した行動と考えられることが多いので、破ることで不快に思ってしまう人も多数いるでしょう
そもそものマナーを把握していない場合や、マナーは把握しているが守るべきものと認識していない場合もあります。

さらには、マナーやルールに縛られて生きるのが嫌といった考え方の人もいます。
ルールを守った行動をしない人は、非常識な人として当てはまるでしょう。

身分をわきまえない人

自分の立場を把握していない人が特徴として挙げられます

社会で生きていく上で、会社や学校などの組織では上下関係を守る必要があります。
年齢や実績、肩書などによって、相手を敬うことが大切です。

しかし、自分の立場を理解していないことで、失礼な態度を取ったり、敬意の足りない行動をしたりしてしまう人が、非常識な人の特徴として当てはまるでしょう。

特に初対面の人に対して配慮が無い、敬語が使えないなど、社会人として必要なスキルがない場合は、非常識な人だと強く思われてしまうかもしれません。

約束事を守らない人

約束事を守らない人が特徴として挙げられます
大事な予定の時間を守らない、平気で嘘をつくなどの約束を破ってしまう人は、非常識な人に当てはまるでしょう。

特に、時間を守らずに遅刻などを繰り返すことは、社会人としてはもちろんのこと、人としても信頼を失ってしまう行動です。

自分が言ったことに責任を持つ、約束したことを守るというのは当たり前のことであり、必要な能力になるでしょう。

自分の失敗などを隠すために嘘をつくなど、周りに迷惑をかけてしまうことを考えずにすることも非常識な行動で、信頼を失うことに繋がります。

自分勝手な人

自分本位に行動をしてしまう人が特徴として挙げられます

自分が良ければ何をしてもよいと自分勝手に物事を考えている人です。
周りにどのように思われるのかを気にしていないので、無神経な言動をしてしまう可能性があります。

会社にて挨拶をしない人などがいますが、自分はしなくてもよいタイプだからと自分勝手にルールを変えて考えている場合があります。
コミュニケーションをとるために必要な挨拶を、自分で勝手に無くしてしまっているので「挨拶もしないなんて非常識だ」と捉えられてしまいます。

非常識な人になってしまう理由

非常識になってしまう理由には、主に3つのことが考えられます。

  • マナーを教わっていない
  • 注意をうけていない
  • 周りがどのように思うのか考えることができない

1つずつみていきましょう。

マナーを教わっていない

幼少期から正しいマナーを教わっていないことが理由として挙げられます

マナーや常識的な行動は、親や教師、友人などから教わっていきます。
明確に学ぶタイミングはないので、生きていく上で教えてくれる人がいない限り、マナーの理解ができていない可能性があります。

マナーを守れない人は、守らないのではなく、単に教わっていないケースです。
幼少期から「当たり前」と教えられてきた人もいれば、何も教えてもらえなかった人もいるので、社会にでたときに差が生まれてしまうのでしょう。

このタイプはしっかりと伝えることで、マナーを理解してくれるとも考えられます。

注意をうけていない

誰からも注意を受けていないことで、非常識なことであると認識ができずに成長してしまったことが理由として挙げられます

マナーを教わっていないに繋がりますが、非常識な行動が許されてきたといった背景があります。
非常識な行動を正してくれる人が周りにいなかったためか、非常識な行動を続けてしまうのです

人に注意をすることや、怒ることは体力が必要です。
本当に変わってほしいと願っている親しい人には注意ができますが、関係が薄い人には体力を使って注意することがありません。

誰にも注意されることがないので、非常識な行動を正すことができなかったのです。
「怒られている内が華」と言いますが、まさにそのような現象でしょう。

周りがどのように思うのか考えることができない

自分の行動を客観的に見て、周りの人がどのように思うのかを考えることができないことが理由として挙げられます

相手のことを考えた行動ができる人は、自然と常識のある行動になっていきます。
相手を不快な思いにさせないように配慮された行動が、ルールまたは常識的な行動として決められていることが多いからです。

他の人に対しての「共感力」が低い人は、常識から逸脱している自分の行動も分からないのでしょう。

非常識な人の対処法

非常識な人の対処法には、様々な方法があります。

  • 一般的なマナーを説明する
  • 自分がどのように思ったのかを伝える
  • 割り切って相手にしないようにする

1つずつみていきます。

一般的なマナーを説明する

今後、他の人にも同じように迷惑をかけることがないようにするために、一般的なマナーを説明してあげるとよいでしょう

マナーやルールを知らずに行動をしている場合もあります。
「逆の立場になったときにどのように思うのか」を問うことで、自分を客観視することができて、相手の感覚や考え方の理解に繋がります。

常識となっているマナーが全て正しいとは限りませんが、一般的なルールを指導することがまずは必要になるでしょう。

自分がどのように思ったのかを伝える

注意する際に、非常識な行動で自分自身がどのように不快に思ったのかを伝えてあげるとよいでしょう

自分の行動が周りにどのような影響を与えているか、気がついてもらうことに繋がります。

相手がどのように感じたのかを理解することで、少しずつでも非常識な行動が改善される可能性があります。

割り切って相手にしないようにする

非常識な人は、思い切って相手にしないようにするのも対処法の1つです

親しい仲ではない人は、トラブルに巻き込まれることもあるので基本的には相手にしないことをおすすめします。
時には相手の非常識な行動によって、不快に思う瞬間もあるかもしれません。

しかし、決して腹を立てずに「非常識な人だからしょうがない」という気持ちで反応しないのがよいでしょう。

まとめ

この記事では、非常識な人の特徴や対処法について解説しました。

非常識な人の行動によって迷惑がかかる場面が、多々あるかと思います。

ちょうどよい距離感で非常識な人と付き合っていくためにも、様々な対処法を知っておくことが重要です。

自分自身がつらい目に合わないように注意をして行動をしましょう。