気持ち悪い人の特徴は?気持ち悪いと感じてしまう理由や対処の仕方を解説

「自分の周囲には気持ち悪い人が多いけれど、そのように思っているのは私だけ?」「気持ち悪い人は、どのように対処すればよいの?」と悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。

気持ち悪い人は、自分自身で「気持ち悪さ」を自覚できていないことが多いです。

また、女性側に不快な思いをさせているといった意識が薄い人も多数存在するでしょう。

ここでは、気持ち悪い人の特徴や対処法を説明します。

この記事を読んで、一般的に気持ち悪いと思われる男性の特徴を理解しましょう。

そして、普段の生活の中で、気持ち悪い人からの辛い被害を受けないような対策を学ぶことが大切です。

気持ち悪い人の特徴

気持ちの悪い男性の特徴について説明します。

ここでは、内面と外見に分けてみていきましょう。

気持ち悪い人の特徴(内面)

気持ち悪い人の内面の特徴には、主に以下の5つが当てはまります。

  • ナルシスト
  • 下ネタが多い
  • サイコパスな思考
  • オタク気質
  • マザコン・シスコン

1つずつみていきます。

ナルシスト

自分のことが大好きなナルシストな性格であることが特徴として挙げられます

主に自分がイケメンであると認識して行動している場合、女性側は気持ちが悪いと感じるのでしょう。

実際に顔が整っている人であっても、自分に酔っている様子は見るに耐えないといった気持ち悪さがでてしまいます。

他人のことを見下すことで優勢を得ている姿は、女性は批判的に捉えてしまうのかと思います。

イケてる自分に酔いしれている男性の姿に、気持ち悪いと思う女性は少なくありません。

下ネタが多い

女性に対して下ネタが多い人が特徴として挙げられます

「自分が性的対象として見られているのでは?」と感じることで、不快に思う女性が多いのでしょう。

また、下ネタを発言する男性は、普段から下品な内容を考えていると捉えられてしまいます。

プライバシーを損害するような発言は、気持ち悪さの増加に繋がります。

サイコパスな思考

常識の枠を外れたサイコパス的な考えをしている人が特徴として挙げられます

自分がいつ何されるかわからないといった不気味さに、気味が悪いと思う女性が多いのでしょう。

例えば、悪気もなく平然と嘘をついていたり、生き物をモノとして捉えた発言をしていたりなどが考えられます。

常識から外れた衝撃的な言動は、一緒にいるだけで恐怖を生みます。

何を考えているか分からない男性に対して、怖いと思う女性も少なくありません。

オタク気質

オタク気質がある男性が特徴として挙げられます

物事に熱中することは、決して悪いことではありません。

しかし、作品に熱中するあまりに周りが見えなくなってしまうことや、無理やりにでも共感を求めてくる姿に気持ち悪いと思う女性は多いです。

また、早口で話すような点は自分に自信がないように見えるため、不快に思う人も多いのでしょう。

軽度のオタク気質であれば問題ありませんが、あまりにも過剰なオタク精神は、気持ち悪いという感情に繋がってしまう可能性があります。

マザコン・シスコン

マザコンやシスコンの要素がある男性が特徴として挙げられます

過剰な関係性は「普通では無い」と感じてしまい、気持ち悪いと思ってしまうのでしょう。

親子や兄妹と仲が良いことは悪いことではありませんが、常に母親の意見を聞かなくては行動ができない男性など、過度な関係は気味が悪いと思ってしまいます。

家族との一般的な距離感を望んでいる人が多くいるのでしょう。

気持ち悪い人の特徴(外見)

次に外見面での特徴をみていきます。

気持ち悪い人の外見の特徴には、主に以下の4つが当てはまります。

  • 臭いが強い
  • 体型が太っている
  • 身だしなみが汚い
  • 暗い表情をしている

1つずつみていきます。

臭いが強い

体臭や口臭などの臭いが強い人が特徴として挙げられます

臭いが強い人は、話している時や近くにいる際に不快に思われることが多いでしょう。

体のケアが甘い可能性があり、清潔感がないと女性から判断されてしまいます。

体型が太っている

肥満体型な男性が特徴として挙げられます

太っているというだけで受け入れられない女性が多くいるのは、清潔感を感じられないためでしょう。

普段の生活から、規則正しい食生活や運動を行っていれば、スタイリッシュな体型が維持できるはずです。

そのような努力が見えない辺りや、自分の見た目を気にしないところが印象が悪い原因となるのでしょう。

身だしなみが汚い

ファッションに気を遣っていない男性が特徴として挙げられます

また、着てる服がヨレヨレであったり、シワだらけであったりする場合も当てはまります。

女性側が細かいところまで気にする方が多いので、目に入りやすいのでしょう。

おしゃれでなくても、最低限の清潔感が保った服装でないと、女性は気持ちが悪いと感じてしまうのではないかと思います。

暗い表情をしている

暗い表情をしている男性が特徴として挙げられます

笑顔が無い男性は、気味が悪いと判断されてしまいます。

何を考えているのか、表情から感情を読み取ることができないからです。

一緒にいる上で、暗い表情を常にしていた場合は、気持ち悪さに繋がってしまうのでしょう。

気持ち悪いと感じてしまう理由

気持ち悪いと感じてしまう理由には、どのようなものがあるのでしょうか。

主な理由が3つ挙げられます。

  • 生理的に受け付けないから
  • 非常識な言動が理解できないから
  • 関わりがあると周りに思われたくないから

1つずつみていきます。

生理的に受け付けないから

生理的に受け付けないことが挙げられます

同じ匂いのお父さんが嫌いになるように、自分の感覚として自然と嫌悪感が生まれるのでしょう。

この場合は、本能的に感じているものなので、対応するすべがありません

しかし、どのような部分が生理的に受け付けないのかを理解することが大切です。

生理的に受け付けない内容に対して改善すれば、嫌悪感が緩和する可能性があります。

また清潔感がないことが、生理的に受け付けないことのも繋がります。

非常識な言動が理解できないから

非常識な行動を取る人の感覚が理解できないことが挙げられます

自分では理解のできない価値観や考え方は、気味が悪いと思ってしまうのでしょう。

「何をするか分からない気持ちの悪さ」といった、生理的な部分とは異なる気持ちの悪さに当てはまるかと思います。

関わりがあると周りに思われたくないから

気持ち悪い人と関わりがあると周囲に思われたくないことが挙げられます

一般的に気持ち悪いと思われる人と一緒にいることが、恥ずかしいことだと捉えているケースです。

相手の気持ち悪さに耐えられないのではなく、気持ち悪さのある相手と関わっている自分に耐えられないという理由で嫌悪感を感じています。

このタイプは、極力気持ち悪い人に関わらないようにすることが賢明です。

気持ち悪い人への対処方法

ここからは、気持ち悪い人に会ってしまった際の対処法について解説します。

  • 相手にしない
  • 2人でのやり取りをしない
  • 気に入らない部分を伝える

1つずつみていきます。

相手にしない

気持ち悪いと感じた人は、できるだけ相手にしないようにしましょう

話をしてしまうと、好意的に思われてしまう可能性があります。

相手にしないことで周りから気持ちが悪い人が去っていくことが期待できます。

「この人は気持ちが悪いな」と思ったら、極力関わらずに対処する方が適切です

仕事の場合や、どうしても関わらなければいけない状況の場合は、必要最低限なやり取りに抑えることをおすすめします。

2人でのやり取りをしない

2人で会うことや連絡を取り合うことをしないようにしましょう

常に第三者を含めたやり取りをすることで、被害を最小限に抑えられます。

特に内面的に気持ち悪い特徴が当てはまる人とコミュニケーションを取る場合は、2人でのやり取りが危険になる場合があります。

思いもよらないところで勘違いされているケースもあるので、常に誰かを含めたやり取りをしましょう。

第三者に助けを求めやすいといったメリットもあります。

気に入らない部分を伝える

気持ち悪いと思った内容を相手にしっかりと伝えましょう

言い方がストレートにならないように気をつける必要はありますが、相手は気持ち悪いといった内容を理解していないことが多いです。

服装などすぐに対応ができる場合は、伝えることで改善が見られるかもしれません。

「気持ち悪いな」と感じた部分を伝えて改善を促すほうが、相手のためになる場合もあります

伝えにくさはあるかもしれませんが、検討をしてみましょう。

まとめ

ここでは、気持ち悪い人の特徴や対処法について解説しました。

周囲には少なからず気持ちが悪いと感じる人がいるかと思います。

そのような人に対して、どのような対処をするかが大切になります。

自分が不快な思いをすることがないように、気持ち悪い人の特徴を踏まえた上で、適切な対応ができるとよいですね。