LINEで別れるのは最低?する派・しない派の意見と注意点/対処法を徹底解説!

付き合っていた相手からLINEで別れを告げられた……これって最低?

ただでさえ辛い別れ話なのに、LINEで一方的に別れを告げられたら、悲しくて腹が立ちますよね……。

しかし実は、LINEで別れてもよいと思っている人は一定数います。
実際にLINEのようなSNS上で別れるケースは、年々増加傾向にあるんです。

今回は、LINEで別れ話をする派としない派の意見を紹介していきます。
記事の後半ではLINEで別れ話をするときの注意点と、別れを告げられた時の対処法もお伝えします。
LINEで一方的に別れを切り出されてモヤモヤしている方も、これからLINEで別れようか迷っている方も、ぜひ最後まで読んで参考にしてくださいね。

LINEで別れ話をするのは最低?

そもそも、LINEで別れ話をするのは最低なのでしょうか?

人によって意見は違う

結論から言うと、最低と思う人もいれば、そう思わない人もいます。

先程も述べた通り、SNSでの別れは増えてきています。
LINEで別れてもいいと考える人は増加しているんです。

一方で、別れ話は直接するべきだと考える人もいます。

この後、LINEで別れ話をする派としない派の意見を紹介していきます。

する派の意見は少し自分勝手

別れ話をLINEでする派の意見は、しない派の意見に比べてやや自己中心的な印象があります。
詳しくはこの後紹介しますが、自分の都合でこの方法を選んでいるように感じるんですね。

反対に、LINEで別れ話をしない派には、相手のことを考えた意見が多いです。

このような点からも、LINEでの別れ話が最低だと言われやすいのでしょう。

LINEで別れ話をする派の意見は?

なぜLINEで別れ話をするのか、さまざまな意見を紹介していきます。
LINEで振られてモヤモヤしている方は参考にしてみて下さい。

会って別れ話をするのが面倒

単純に会って別れを切り出すのが面倒だから、LINEで別れる人がいます。
仕事や学業で忙しかったり、相手に会うことの優先度が低い場合が多いです。

実際に会って別れ話をすると強いストレスを感じますよね。
そのようなストレスが面倒くさいから、会わないケースもあるようです。

伝えたいことを整理して誤解をなくしたい

文面で伝えることで、相手が誤解するリスクを減らしたいという意見もあります。
文章にすると、自分の気持ちを正確にまとめやすくなるからです。

この意見を持つ人には、緊張しがちなタイプや、思いを言葉にするのが苦手なタイプが多め。

対面の別れ話では、冷静さを失って上手く伝わらない可能性があります。
相手にきちんと理解してもらうために、この方法を選んでいるようです。

直接会うと別れられない

直接会って話すと別れづらくなるという理由でLINEを選択する人もいます。

実際に会うと、相手に対して情が移ってしまったり、説得されたりする可能性がありますよね。
また別れ話を対面で切り出すと、気まずい雰囲気になることは間違いないです。

このような状況下で自分の決意が揺らぐのを恐れ、文面で伝えようとするんです。

今すぐ別れたい

すぐに別れを切り出せるメリットから、LINEで伝える人もいます。
対面の場合、会う約束をし、タイミングを伺って別れを切り出すことになりますが、そのような時間を惜しんでいるんです。

LINEでの別れ話だと、こじれて長引くリスクも比較的少ないですよね。
終わった恋に時間を使うのが嫌なタイプに多い意見です。

相手が嫌いすぎて会いたくない

相手の顔すら見たくないくらいに嫌いだから、文面で伝えるケースもあります。

浮気など、二人の間に大きなトラブルがあった場合、相手にもう会いたくないと思うのは自然なことです。
このような場合はLINEで伝えるのも仕方がないといえるでしょう。

円満に別れられる

LINEの方が円満に別れられると考える人もいます。
会って別れを切り出すと、ネガティブな雰囲気になったり、こじれたりする可能性がありますよね。

面倒ごとを避けるために、LINEを選ぶのでしょう。

交際期間が短いならOK

交際期間が3か月未満などと短い場合は、LINEで別れてもいいと思う人がいます。
このような人にとって、短い交際期間はお試しだからです。

あまり深い関係性を築いていないので、別れもLINEで軽く済ませていいと考えているのかもしれません。

LINEで別れ話をしない派の意見は?

ここでは、LINEで別れ話をしない人の意見を紹介していきます。

相手への誠意や礼儀が感じられない

LINEでの別れ話を自分勝手で思いやりのない行為だと考える人がいます。

さらに、別れのような大事な話は会って行うのが礼儀だと思うケースもあるようです。

こう考える人にとって、LINEでの別れは相手への誠意や礼儀が無いように感じてしまうんですね。

直接気持ちを伝えたい

自分の気持ちを文字で伝えることが難しいから、会って別れる方が良いという意見もあります。
たしかにLINEのお別れメッセージは、嫌味に聞こえるなど相手に不快感を与えてしまうかも。

きちんと相手に気持ちを理解してほしいから、会って別れることを選ぶんです。

相手の感情が分かりづらい

LINEでは相手の気持ちが読み取りづらいことも、しない派の理由の1つです。

直接会って話せば、相手の様子や声色から感情を推測できますよね。
誤解があれば、すぐに気づいて訂正できるはず。

一方でLINEでは相手の様子が見えないので、気持ちが読み取れず誤解が生じてしまうかもしれません。

軽すぎる

LINEでの別れが軽すぎると思う人もいます。
このような人にとって、長い時間を共にした相手にメッセージ1つで別れを告げるのは不誠実なんです。

また、軽い人間だと思われたくないから、会って別れ話をする場合もあるようです。

LINEでの別れが「最低」と言いづらいケース

ここまで、LINEでの別れが最低かどうかについて、人によって意見が異なることを見てきました。
続いて、LINEで別れても最低と思われにくい状況を紹介していきます。

遠距離恋愛

遠距離恋愛中で、会うのに高いコストがかかる場合はLINEで別れても仕方がないでしょう。
海外など遠い場所に住んでいると、会うだけでも一苦労ですよね。

遠距離恋愛はそうでない恋愛に比べて、LINEでの別れ話が最低と思われにくいです。

ただし、遠距離であっても直接話すべき、または電話で話すべきだと考える人もいるので注意してください。

交際期間が短い

交際期間が3か月未満のように短い場合は、LINEでの別れが受け入れられやすいです。

特にあまりデートをしていないなど、相手と過ごした時間が少ないなら、最低と思われにくいです。

会って話すと危険

対面で別れを切り出すと身の危険がある場合は、LINEで別れてもいいでしょう。

例えば、相手が次のケースに該当するなら、会って別れ話をしないほうが吉です。

・DV気質
・ストーカー気質
・逆上しやすい

LINEで別れる時の注意点

ここまで、LINEで別れるのが最低なのかについてお話ししました。
次に、実際にLINEで別れたい場合、どのようなことに注意すべきかを紹介します。

この方法で別れようと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

少しずつ別れを匂わせる

まず相手に対して、日常的に少しずつ別れを匂わせるのが重要です。
こうすることで、別れを切り出したときの唐突感が減り、受け入れてもらいやすくなります。

例えば、LINEや電話、デートの頻度を減らしていきましょう。

「冷めちゃったのかな」と相手に思わせることがポイントですよ。

冷静になる

実際にお別れメッセージを考えるときは、冷静になるように注意してください。

別れのときはついつい感情的になりがち。
しかし、感情的なメッセージは別れ話を長引かせたりこじらせたりするリスクがあります。

気持ちを落ち着けてお別れメッセージを考えましょう。

丁寧に文章を練る

LINEで円満に別れたいなら、丁寧にメッセージを考えましょう。

特に、相手を傷つけるような言葉や誤解させそうな言葉は書かないほうがいいです。
真剣さを伝えるため、誤字脱字にも気をつけるといいですね。

お別れメッセージは、二人の関係を終える大事な文章です。
適当にならないように注意してください。

きっぱりと簡潔に伝える

お別れメッセージでは、別れたい旨を簡潔に伝えるようにしてください。

絵文字やスタンプの使用は避け、自分の思いを素直に書きましょう。
また、別れたい思いはきっぱりと伝えましょう。

復縁の可能性を匂わせるとこじれてしまうリスク大です。

一方的に別れを伝えない

LINEで別れる際、一方的にお別れメッセージを送ってブロックするのはNGです。

別れの際は、お互いが別れを受け入れることが大切。
LINEで別れを切り出す場合も、二人が納得するまで話し合うようにしましょう。

相手の話もちゃんと聞くことがポイントですよ。

LINEで別れを切り出された時の対処法

LINEで別れを切り出されたら、大きなショックを受けますよね……。
ここでは、お別れメッセージを受け取ったときの対処法をお伝えします。
辛くても、相手の気持ちを尊重するのが大事です。

LINEで振られてしまった方は、ぜひ試してみてください。

冷静に状況を受け入れる

まずは、冷静に状況を受け止めましょう。
難しいかもしれないですが、状況を変えたいなら感情的にならないことが大切です。

落ち着いて行動すれば、より納得できる別れ方ができるはず

お別れメッセージに感情的に返信するのはNGです。
気持ちが落ち着いてからの返信で大丈夫ですよ。

会う機会を設ける

相手の本心を理解するためにも、一度会って話せないか相談しましょう。

ここで大事なのは、たとえ復縁したいと思っていても、別れ自体は受け入れていると示すこと。
相手の本心を知りたいから話したいという姿勢を守るといいです。

通話を持ちかける

会うのを断られてしまったり、会うのが難しかったりする場合は、通話できないか提案しましょう。

ここでも、別れを受け入れていることを伝えるのが大切。
納得するために話したい旨を伝えてください。

注意点として、何も言わずにすぐ電話をかけるのはNGです。
別れを決心した相手にとってはしつこく感じられてしまい、より関係が悪化するからです。
電話をしていいか事前に同意をとりましょう。

友達に相談してサポートしてもらう

1人で抱え込まず、友達に相談するのもオススメです。

友達なら、あなたの状況を客観視してアドバイスをくれるでしょう。
恋人と共通の友人なら、相手の本心を聞いてもらうこともできます。

友達を交えて3人で話すのも、より納得できる別れ方のためには有効ですよ。

ブロックされてしまったら諦めるのも大切

一方的なお別れメッセージの後でブロックされていたら、諦めるのも大切です。

ブロックは、LINEの有料スタンプをプレゼントできるかどうかで判断できます。
ブロックされている場合、相手が持っていなさそうなスタンプをプレゼントしようとしても、プレゼントできません。

ブロックされてしまったら、LINEでアプローチすることはとても難しいです。

一方的にブロックするような人は、かなり自分勝手な人でしょう。
そのような人と離れられたことは、むしろ幸運かもしれません。

辛いかもしれませんが、切り替えて新たな出会いを探すのもオススメですよ。

【まとめ】LINEでの別れ話は人によっては「最低」!冷静になるのが大事

今回は、LINEでの別れ話が最低かどうか、する際の注意点、された時の対処法を紹介しました。

LINEでの別れ話は最低と思う人もいれば、そう思わない人もいます。
また、遠距離恋愛や交際期間が短い、直接話すと身の危険があるような場合は、LINEで別れても最低と思われにくいです。

LINEで別れを切り出す場合も、切り出された場合も、まずは冷静になるのが大切です。
その後、相手の気持ちを尊重しながら次の行動をとりましょう。