別れを考えながら付き合う│別れた方がいいケースや伝え方について徹底解説!

今のパートナーに満足できず、別れを考えながら付き合っているカップルも少なくはありません。

  • 別れたいと思っているけど後悔しそうでなかなか伝えられない
  • できれば別れを考えながらも上手く付き合っていきたい
  • 別れを切り出す方法がわからない

別れを考えながら付き合っている方の中には、このようなお悩みを持つ方もいるかと思います。
そこでこの記事では、別れを考えながら付き合っている男女に向けて以下のような内容を紹介していきます。

【この記事で分かること】

  • 別れたほうがいいケース
  • 別れを考えながらも付き合うべきケース
  • 別れを考えながら付き合うメリット・デメリット
  • 別れたいと考えるようになったときにするべきこと
  • 付き合うことをやめるときの伝え方

お悩みの方にとって有益な情報となるよう詳しく紹介していくので、気になる方はぜひ最後までご覧ください!

目次

別れを考えながら付き合う理由とは

別れを考えながら付き合う理由は、人それぞれです。
まずは自分が別れを考えながらも付き合っているのか理由を知ることで、どのような対処が必要なのか明確になります。

それぞれ詳しく説明するので、自分がどの理由に当てはまるかを見ながらチェックしてみてください。

慎重になってしまう

別れを考えながらも付き合ってしまうのは、性格的に慎重派でネガティブ思考だったり悲観的だったりする可能性があります。

楽観的すぎてもトラブルの原因になりますが、慎重になりすぎても疲れるだけです。
別れを予想しながらも慎重に動けるのはメリットではあります。

しかし、あまりにも悲観的になりすぎると、マイナスな出来事を引き寄せる可能性があるので気をつけましょう。

本当は好きじゃなかった

別れを考えながらも付き合ってしまうのは、もともと本当は好きじゃなかったという可能性も考えられます。

  • 告白されたからなんとなく付き合った
  • 誰でもいいから恋人が欲しかった
  • 付き合っていくうえで好きになると思っていた

上記のような状況に当てはまると、いつまでも別れを想定しながら付き合うことになります

相手のことを好きでなければ、恋人という関係自体が苦痛に感じてしまうことに…。

みずき

本気じゃない恋は、ときに自分を苦しめてしまうのです。

制限のある付き合いだった

もともと期限付きで付き合っていると、常に別れを考えながら過ごさなければいけません。

期限といっても種類は様々。

  • 今後遠距離恋愛になる
  • 相手が既婚者で相手に飽きられたら終わり

はじめは幸せいっぱいですが、期限が近づけば近づくほど辛くなってきます
覚悟を決めていても、別れを考えると気持ちが揺らいでしまうのも仕方のないことでしょう。

結婚できないと悟ったから

恋人とは結婚できないと悟ったから、別れを考えながらも付き合っている場合もあります。

相手には結婚願望がないけど、自分にはある。
このケースだと、結婚したいと思うようになった時期になれば別れなければいけませんよね

他にも金銭的な問題や立場、年齢の差など、理由は様々あります。

このように、結婚できなければ別れる必要があると悩む方もいるでしょう。

周囲から反対された経験があったから

周囲から「別れたほうがいい」と反対された経験があるから、別れを考えながら付き合ケースもあります。

恋人のことが大好きでも周囲がネガティブになっていると、別れたほうがいいのか悩んでしまうこともあるでしょう

しかし、中には友人の幸せを祝えずに、足を引っ張ろうとする人もいます。

みずき

周囲の言葉を信じて別れを考えてしまうと、後悔することもあるので注意しましょう。

別れたいと思ったら終わりとは限らない

彼女・彼氏と別れたいと思いはじめると、この関係はもう終わりなのではないか…。
そう思う方もいるかもしれませんが、必ずしも終わるとは限りません

別れたいと思うきっかけは人それぞれです。

  • 傷つくことを言われた
  • 価値観が合わない
  • マンネリ
  • 恋人以外の異性を好きになった

上記はほんの一例ですが、この中でも別れたほうがいいケースとそのまま様子を見たほうがいいケースがあるため、一概に「終わり」とは言えません。

別れてしまった後に後悔しないよう、一度冷静に考える時間が必要です。
まずは別れたいと思った原因を明確にして、解決・対処できる問題なのかどうかを見極めましょう。

別れたいと思ったら│別れたほうがいいケース

別れたいと思ったときに別れたほうがいいケースがあります

付き合いが長ければ長いほど、別れるのは辛い決断になるでしょう。

しかし、このまま付き合っていてもいい未来が望めないケースもあるのです。
ここからは、潔く別れたほうがいいケースを紹介します。自分の状況に照らし合わせてチェックしてみてください!

浮気ばかり繰り返される

何度も浮気を繰り返しているとなると、今後も同じことを続ける可能性が高いです。

「浮気は病気」と言われていますが、中毒性があるため常習的に繰り返す人はたくさんいます。

みずき

一度相手を信用できなくなると、その後は何に対しても疑いが生じるように…。
結果、体力・精神的に辛くなり、中には精神状態が悪くなる人もいるので要注意です。

残念ですが改善の余地はないため、このまま付き合い続けていても幸せな未来はないと言ってもいいでしょう。

モラハラやDVがある

相手からモラハラやDVがある場合、早急に別れるようにしてください
一時的になくなっていたとしても、また時間が経てば始まる可能性が非常に高いです。

モラハラやDVを受けている人の中には、洗脳される方もいます。

  • 「私がいい子じゃないから」
  • 「この人と一緒にいたいから我慢しよう」

このような気持ちになると、自己判断がつかなくなり更に悪循環となります
相手に洗脳されてしまう前に、別れましょう。

DVやモラハラはほうっておくと、度を超えるケースもあります。ニュースなどでも見かけたことがあるかもしれませんが、事件化する可能性も十分あります。自分の身を守るためにも、早急に別れを選んでください。

相手と過ごしていてストレスを感じたり心身に不調が現れたりしている

相手との関係がストレスに感じていて、心身共に調子が悪い場合も別れを検討したほうがいいケースです。

自分では気づかないケースが多いですが、実は大きなストレス・負担になっているかもしれません

そのような相手と今後も付き合っていてもメリットにはならないため、早めに決断するのがいいでしょう。

価値観が違いすぎる

  • お金の使い方
  • 結婚への価値観
  • 結婚後の仕事に関する価値観
  • 結婚後の仕事に関する価値観

とくに上記のような価値観の違いは致命的となるため、今は大きな支障がなくても今後出てくる可能性が高くなります。

他にも、束縛がひどかったり考え方が違いすぎてよく喧嘩になったりする場合も要注意です。

ダメージが少ないうちに別れを決断することも視野に入れておくといいでしょう。

何度も別れと復縁を繰り返している

何かあるたびに別れと復縁を繰り返しているカップルは、今後も同じことを繰り返すだけで関係が進展する未来が期待できません

  • 別れにくいから今まで通り別れと復縁を繰り返す
  • 真剣に付き合いたいから一度話し合う時間を設ける
  • 別れるかどうかをしっかり話し合う

上記の3つについてしっかりと考え、必要であればパートナーと話し合う時間を設けましょう。

異性としての魅力を感じずセックスレスになっている

長く付き合っていると家族や友達のような関係になってしまい、異性としての魅力を感じられなくなるパターンは珍しくありません。

たとえば、ドキドキ感よりも安心感が勝つようになるも原因の一つ。
安心感が生まれることは悪いことではありませんが、セックスレスに陥っている場合は要注意です。

セックスレスが原因で浮気や不倫をするケースも多数あるため、付き合い続けるのであれば今後についての話し合いが必要です。

⑦一緒に過ごしていても会話がない・目が合わない

「一緒にいるのに会話もなければ目も合わない」そんな状況に陥っている場合も、別れを視野に入れておくほうがいいかもしれません。

長く一緒にいればいるほど、会話が少なくなり沈黙が増えるのは必然的。
しかし、意図的に話さなかったり目を合わせなかったりするケースは、お互いに不満があり徐々に興味がなくなってることも予想できます。

みずき

関係が冷めきっている様子であれば、別れを選んだほうがいいかもしれません。

恋愛よりも優先したいことができた

恋愛よりも優先したいことができた場合、自分と相手の将来のためにも別れを選択した方がいいケースがあります。

たとえば、以下のようなケースです。

  • 仕事が楽しい・やりがいがあると感じていて、仕事中心の生活をおくっている
  • 趣味に没頭していて、パートナーよりも優先してしまう
  • 自分の将来のために相手と離れてまでしたいことがある

没頭することがあっても、相手のことが本当に大切なのであれば別れを考えず両立しようと方法を探すはず

みずき

自分のやりたいことを優先させるために別れを考えている場合は、離れたほうが相手のためにもなります

別れを考えながらも付き合うべきケース

別れたいと思いながらも後々後悔しないよう、様子を見ながら付き合うべきケースがあります。

上記に当てはまる場合、別れたいと思ったのは一時的なものかもしれません。

そのため、別れたい気持ちを伝えるにはまだ早いかも…。
しっかりと向き合い話し合えば解決できる可能性もあるので、その場の感情で動くと後で後悔する可能性もあります

では、それぞれ詳しく説明していくので見ていきましょう!

①蛙化現象かもしれないとき

別れたいと思うようになった理由が蛙化現象だった場合、一度考え直すことをおすすめします。

【蛙化現象とは】
相手のことが突然気持ち悪く感じたり、嫌悪感を感じたりするようになった状態。

蛙化現象は女性に多いと言われており、理由は様々です。
一度相手のことを考えるのはやめて、誰かに相談したり自分の好きな事に時間を使ったりしてみましょう

みずき

様子をみることで蛙化現象を起こしている原因がわかり、解決できる可能性もあります!

②お互いを思いやり・尊敬し合う関係が続いている

お互いに思いやりや尊敬し合う関係が続いている場合、このまま別れてしまうのは勿体ないです。
このような関係性はとても素晴らしいことで、全てのカップルができるわけではありません。

思いやりや尊敬し合う関係が続いているのに別れたいと思う場合「ここだけは許せない」という所がある場合も。不満な点が分かっているのであれば、相手に伝えて改善してもらうようお願いしてみましょう

また、恋愛疲れを起こしている可能性も考えられます。
友達との時間を過ごしたり趣味を楽しんだりする時間を作ったりして、恋愛を一旦休憩してみるのもいいかもしれません

③別れを考えたのが外的要因

別れを考えたのが外的要因な場合、すぐに別れることはせず考える時間を作ってください。
外的要因とは、たとえば以下のようなケースです。

  • 遠距離恋愛や国際恋愛
  • 生活習慣が変わり忙しくて時間がない
  • 相手の良くない噂を耳にした

上記のような理由で別れを考えるようになった場合、二人の関係性には改善の余地があります。

遠距離恋愛や国際恋愛

たとえば、遠距離恋愛をはじめてすぐは「さみしい」「辛い」などの思いが強くなり、それなら別れを選んだほうが…と考える人も少なくはありません。

ですが、乗り越えた先には強い絆ができており、普通のカップル以上にいい関係が築き上げられるようになるでしょう。

国際恋愛であれば、はじめは言語や文化の違いで戸惑うこともたくさんあるかと思います。
しかし、言語を習得して違いを理解する努力をすれば、今以上に良い関係性になれる可能性もゼロではありません。

生活習慣が変わり忙しくて時間がない

生活習慣が変わり、忙しくて二人の時間がなかなか取れなくなることもあるでしょう。
しかし、本当に相手のことを大切に思う気持ちがあるなら、まずは無理にでも二人の時間を作ってみてください。

忙しいから別れたという方の中には、後悔している方もたくさんいます。
まずは、無理やりにでも時間を作ってみることからはじめてみましょう。

相手の良くない噂を耳にした

相手の良くない噂や評判を耳にして別れを考える人もいるでしょう。

しかし、果たして聞いた話は本当なのでしょうか?
真実を確かめたいのであれば、まずは冷静になって彼から話を聞くようにしてください。

それから判断しても、遅くはないでしょう。

これらの壁を乗り越えた先には強い絆ができており、普通のカップル以上にいい関係が築き上げられるようになるでしょう。

④価値観が似ている

価値観が似ている相手との別れも、考え直すべきでしょう。

どちらかと言えば、価値観が違う人のほうが多い世の中です。
その中でも、自分と考え方や物事の捉え方が似ている人と出会ってお付き合いできることはとても幸せなこと

もちろん、価値観が違うカップルは仲良くできないというわけではありません。
ですが、やはり価値観が近いほうが穏やかに過ごせて、関係も良好になりやすいです。

みずき

価値観が似ている者同士であれば、一度話し合うことでいい方向に進む可能性が高いです。

別れを考えながら付き合うデメリット

別れを考えながらもなかなか決断できず付き合い続けていると、以下のようなデメリットが生じます。

それぞれ詳しく解説していくので、チェックしていきましょう!

パートナーを大切にできなくなる

別れを考えながら付き合っていると、パートナーを大切にできなくなるというデメリットが生じます。
大切にできない気持ちは態度にでてしまうため、関係修復の可能性を奪うことにもなります

なによりも、相手を大切にできなくなるということは、恋人の心を傷つけてしまう恐れもあるということを覚えておきましょう。

罪悪感を抱きながら付き合わなければいけない

別れを考えながら付き合っている罪悪感を抱きながら、付き合わなければいけないというデメリットもあります。

表面上は今まで通りのフリをしていても、心のなかでは恋人に対して申し訳ない気持ちでいっぱいになることも

とくに相手があなたと過ごす時間を楽しんでいるようであれば、なおさら罪悪感は大きくなるでしょう。

相手の嫌な部分ばかり目につく

別れを考えながら付き合っていると、相手の嫌な部分ばかり目につくというデメリットもあります。

ネガティブな部分ばかり目につくようになると、大きなストレスを抱えることになるでしょう。
そして、不満が許容範囲を超えると、一方的に別れを切り出す結果になるかもしれません

やり直せるかもしれない希望を、自分自身で奪うことになるのです。


これは私の経験談ですが、最近お付き合いしていた元彼とのお話です。
考え方があまり合わず「別れようかな…」と迷い出した頃から、本当に相手の嫌な部分が見えはじめた頃がありました。

子供っぽいところもはじめは「かわいいな」と思っていたのですが、徐々にそれが嫌な部分へと変わりはじめたのです。

自分には無縁だと思っていた「蛙化現象」も体験しました!
もう、どんな行動をしていても「なんか嫌だ…」と思うようになってしまって「これが蛙化現象かぁ…」と実感しました。

そして、彼と過ごす時間がストレスになり耐えられず、話し合ってお別れをすることに…。

別れを考え始めて相手の嫌な部分が見えはじめると、早めに対処しなければどんどん悪い方向に進んでしまうのかもしれませんね。


新たな幸せをいつまでも味わえない

別れを考えながらも、ずるずる付き合っていると新たな幸せをいつまでも味わえないというデメリットもあります。

別れを考えるということは、今の相手では幸せになれないかもしれないと感じているのでしょう。
早めに話し合う、もしくは決断しないと、本来は得られる幸せをいつまでも味わえないままです。

時間が経てば経つほど決断しにくくなることもあるため、早めに解決しておくことをおすすめします。

別れを考えながら付き合うメリット

別れを考えながら付き合うことには、以下のようなメリットもあります。

それぞれ詳しく説明していくので、チェックしていきましょう!

言いたいことが言える

別れを考えながら付き合っている一番のメリットが、言いたいことが言えることです。

「絶対にこの人と別れたくない」「ずっと一緒にいるんだ」などと信じていると、相手に嫌われたくないから伝えたいことも伝えづらいときがあるでしょう

しかし「いつか別れる」と思うことで、伝えるべきこと、言えば傷つくことを冷静になって判断できるようになるのです。

みずき

結果的に、言いたいことが言える関係性になりうまく付き合えるようになるケースもあります。

執着や嫉妬が無いから気楽

別れを考えながら付き合うと、執着や嫉妬が無くなるから気楽というメリットもあります。

大好きだった間は、他の女の子と喋ったり遊んだりしていると嫉妬と不安でいっぱいになることも…。
ですが「浮気されたら別れちゃえばいいか」と思うようになることで、嫉妬や不安を感じることがなくなります

その結果、前向きに付き合えるようになり、関係修復ができるようになることもあるのです。

別れたいと考えるようになったときにすべきこと

あなたが今、別れたいと考えることに対してつらい思いをしているのであれば、やるべきことがいくつかあります。

それぞれ、今の状況を解決するために大切なことなので、悩んでいる方はチェックしていきましょう!

①別れられない理由を書き出す

あなたがなぜ、別れたいと思っているのに別れられないのか、理由を書き出してみましょう。

別れを考えながら恋人と過ごす時間はモヤモヤするもの。
今なぜ別れられないのか、理由を書き出せば今付き合っている意味が明確になります

一度よく考えて、気持ちをスッキリさせましょう!

②趣味を作って相手のことを考えない時間を作る

趣味を作り、相手のことを考えない時間を作りましょう。

お付き合いをしていたら、どうしても相手中心の生活になり疲れてしまいます
休みの日は必ず会い、恋人との予定を立ててから他の予定を入れるようにしている方もいるでしょう。

このような生活を続けていると、気づかないうちに疲れてストレスを感じるようになります

相手のことを考えない時間を作るということは、少し距離を置くということ
不安に感じる方も、中にはいるでしょう。

しかし、ここで距離を置いて恋愛を休憩することで心に余裕ができ、さらに良好な関係になれる希望もあるのです。

③自分の意見を尊重して相手と話し合う

自分の意見を尊重しながら相手と話し合う時間を作ることも大切です。

距離を置いて自分の気持を整理できた頃に、あらためて恋人と話し合いの場を設けてください。

ここで大切なのが、自分の意見を大切にすることです。

恋人と会って話し合いをするとなると、自分の意見をないがしろにしてしまう可能性もあります。
そうなると、距離をあけた意味がなくなってしまいますよね。

距離をあけてみて気づいた自分の気持を素直に伝えて、相手の話もしっかりと聞くようにしましょう。

④どうしても苦しいなら別れてしまう

どうしても苦しい場合は、別れてしまう選択肢もあります。
とくに、相手と別れを考える決定的問題があるなら、なおさらです。

問題が解決しない限りは、別れを考えながら付き合う現状は変わらないでしょう

みずき

別れを考えるということは、少なからず「別れたほうがいい」という気持ちがあるからだと思います。

あとは勇気を出して決断するだけ
スッキリしたら、新たな出会いや幸せを掴むために次へ進みましょう!

⑤別れる時期を決めてその間は恋愛に集中する

どうしてもズルズルしてしまう。そんなときは、別れる時期を決めてその間は恋愛に集中しましょう。

もし、別れの日を決めるのが辛いのであれば、半年後など時間に余裕を持たせてみてください
そうすることで「まだ時間がある」と思えるため、気持ちが楽になるでしょう。

設定した日がくればあっさり別れてしまうのもよし、その時の気分で今後どうして行くか決めるのもいいです。

大切なのは、別れる日までに何ができるかということ。

相手としっかり話し合う時間を作ったり問題の解決策を考えたり、ここで紹介した「やるべきこと」を実行して時間を無駄にしないよう心がけましょう。

別れを考えながらも上手に付き合う方法

別れを考えながらも上手に付き合う方法は、以下のとおりです。

  • 別れを考えていることを相手に気づかれないようにすること
  • 別れることを前提にしながら今この瞬間を楽しむこと

別れを考えていても、それを相手に悟られるのはNGです。
冷たい態度をとったり愛情表現をしなかったりするのもやめてください。

これらは相手を確実に傷つけてしまう行動です。
別れを考えながら付き合うのであれば、態度に出さないよう注意しましょう

また、別れる前提であっても、付き合っている間は相手のことを大切にして今を存分に楽しんでください。

みずき

「いつか別れるかもしれない」だからこそ大切にするという考え方にしてしまいましょう。

そうすることで自分に対するストレスも少なくなり、うまくいけば良好な関係を築けるようになるかもしれません。

別れを考えながら付き合うことを辞めるときの伝え方

別れを考えながら付き合うことを辞めると決断したけど、伝え方が分からないという人もいるでしょう。

そこで、以下を意識して伝えるようにしてください。

  • 別れを考えた理由を正直に伝える
  • ストレートに「別れよう」と伝える

自分の中では「前から考えていたこと」でも、相手にとっては突然のできごと
急に「別れたい」と伝えると、パニックになり話し合いどころではなくなる可能性もあります。

  • 別れについて考えながら付き合っていたこと
  • なぜ別れを考え始めたのか
  • 解決できないと判断した理由

これらを隠さず伝えましょう。
相手から何かいいアイディアが聞けるかもしれませんし、別れに納得するためでもあります。

そして、期待させるようなことは言わず、ストレートに「別れよう」と伝えてください

別れを伝えるときはどうしても、予防線を張ったり保身に走りたくなったりすることがあります。

みずき

「自分が悪者になってもいい」これくらいの心構えでいてください。

別れを考えながら付き合うのは悪いことではない

別れを考えながら付き合うのは、決して悪いことではありません。
ですが、いつか別れるからといって、適当な対応をとったり傷つけるようなことを言ったりするのは良くありません

付き合っているうちは相手と向き合い、改善策を見つけるためにも話し合う時間をとりましょう。

そして付き合っていることに限界を感じているのであれば、別れを決断する勇気を持ってください。

別れを考えながら対策もせず付き合っていると、自分はもちろん相手の時間も無駄にすることとなります。
早めに解決できるよう、心がけましょう!