復縁できるカップルの法則・特徴とは?|この別れ方なら復縁できる可能性が高い

「復縁できるカップルに法則や特徴とかあるの?」
「復縁できない人の特徴も知りたい」
「復縁を望むのなら何を意識すればいい?」

このように復縁を望んでいる人は沢山いますよね。

特に復縁は、成就することが難しいと言われていて、恋愛のお悩みの中でも深い悩みになりやすいでしょう。

こちらでは復縁できるカップルの法則や特徴、この別れ方であれば復縁できる可能性が高いといった内容をまとめています。

記事の後半では復縁できない人の特徴についてもまとめていますので是非最後まで見て参考にしてみて下さい。

復縁できるカップルの法則・特徴

復縁 できる カップル 特徴 法則

復縁できるカップルの法則・特徴は以下の通りとなります。

  • しっかりと冷却期間をとった
  • 2人とも別れている間に成長できた
  • 過去に別れた原因について改善する努力をした
  • お相手の幸せを素直な気持ちで願っていた
  • 自分の幸せを考えるようになった
  • 別れる前の交際期間が長かった
  • 共通の知り合いがいる
  • 別れてからも友人として繋がっていた
  • 喧嘩をすることが少なかった

こちらを順にご紹介していきます。

しっかりと冷却期間をとった

復縁できるカップルの法則や特徴として、最低1ヶ月以上連絡を取らない・会わない期間をしっかりととったかが重要です。
会わない・連絡を取らない期間を冷却期間とも言われていますが、復縁できるカップルの多くが冷却期間をしっかりととっていることも多いです。

冷却期間をとることで得られるメリットは

✔️お相手の大切さに気づける
✔️自分の悪い面と向き合う時間が取れる
✔️問題点を改善していく時間が取れる
✔️感情が落ち着き冷静になれる

このように冷却期間をとることで、今後復縁した後に関係性をより良くしていくための時間が取れる点です。

2人とも別れている間に成長できた

復縁できるカップルの法則や特徴として、別れている間に2人ともが成長できたかが重要です。
先ほども、冷却期間中に自己成長のための時間が取れる点はメリットとお話しましたが、あなただけが努力していても復縁は難しいでしょう。

復縁する場合は、お互いに努力する必要があります。

1人だけ別れている間に成長したとしても、お相手が成長できていない場合、バランスが取れず一緒にいても居心地が悪く感じてしまい、再び別れてしまう可能性があります。

別れている間に2人とも成長できたカップルは、復縁後も関係性が安定し居心地のいい状態になるはずです。

過去に別れた原因について改善する努力をした

復縁できるカップルの法則や特徴として、1度別れてしまった関係を再び修復するためには過去に別れた原因について改善する努力をすることは避けて通れない部分です。
中には、別れた原因について向き合うことから恐れ、現実逃避をしたまま復縁するカップルもいますが、問題点をクリアにせずに復縁しても、再び同じ問題で別れる結果になってしまいます。

別れる原因はどちらかだけが問題ではなく、お互いに改善が必要なこともあるでしょう。
しっかりと過去の別れた原因について改善する努力をしたカップルは復縁後も良好な関係性を築いていけるはずです。

お相手の幸せを素直な気持ちで願っていた

復縁できるカップルの法則や特徴として、お相手に執着することなく「幸せになってくれたらいいな」と素直に思えていたかが重要です。

思いやりが足りず、自分の欲ばかりを押し付けてくる人であれば一緒にいても常にあなたに気を遣って過ごしていかないといけなくなるため、お相手にとっても大きな負担となってしまいます。

執着せずお相手の幸せを素直に思える人は、お相手にとっても安心することができるため、復縁できる可能性がグッとアップするはずです。

自分の幸せを考えるようになった

復縁できるカップルの法則や特徴として、自分の幸せについてしっかり考えているかが重要です。
ここでも言えることですが、お相手に執着する気持ちがある間は自分の幸せについて考えられなくなっていることも多いでしょう。

自分の幸せに目をむけることができるようになった人は、自立しているように感じ魅力が増していきます。

「俺と別れてからの方が幸せそうだな」そう感じさせる事ができれば、お相手と復縁できるタイミングがすぐそこまできている証拠です。

別れる前の交際期間が長かった

復縁できるカップルの法則や特徴として、以前付き合っていた時に長い間付き合っていたかが重要になります。

長い間付き合っているとなぜ復縁できる可能性が高いのかと言うと、それだけ長く一緒にいられたということは、お互いの相性がよく居心地が良かった証拠です。

例え別れた後に他の方と付き合ったとしても「やっぱりあの人と一緒にいた方が幸せだった」「一緒にいて楽だった」と感じるようになるでしょう。

以前付き合っていた期間が長ければ長いほど、思い出は美化されやすいため、復縁できる確率も高まります。

共通の知り合いがいる

復縁できるカップルの法則や特徴として、共通の友人がいる場合は復縁できる可能性も高くなります。

共通の友人がいる場合は、別れてからもお相手の話が出てくることもありますよね。
意識しないようにしていても、共通の知り合いがいることで、自然とお互いを意識してしまう状態になります。
共通の知り合いからお相手の今の状況を聞くと気持ちがざわざわと落ち着かなくなることもあり、どちらかが「ちょっと連絡をとってみようかな」と思いやすくなるため、スムーズに復縁できるのです。

別れてからも友人として繋がっていた

復縁できるカップルの法則や特徴として、別れた後も友人として繋がっている場合は復縁できる可能性が高いでしょう。

別れた後にすぐ友人関係になることはおすすめしませんが、一定の冷却期間をとった後に友人として一緒にいることでお互いの成長を間近でみられます。

「私と付き合っていた時より成長したな」
「彼のこういうとこと大好きだったな」

と冷静にお相手が成長している姿をみる事ができるため、お相手に対する気持ちも湧き出やすくなるでしょう。
お相手にとっても同じことが言えるため、あなたの成長している姿を間近で見ることで、魅力的に感じ復縁もスムーズにできるようになるのです。

喧嘩をすることが少なかった

復縁できるカップルの法則や特徴として、以前付き合っていた頃に喧嘩することが少なかった場合は復縁できる可能性が高いと言えます。

『喧嘩するほど仲がいい』と昔から言われていますが、喧嘩をしないということは、本質的な部分の相性がいい証拠です。

お互いに、不満に感じる部分が少ないからこそ喧嘩をあまりせずに済んでいたのかもしれませんね。
もちろん喧嘩が多くても復縁できる可能性はありますが、喧嘩が多い場合はお互いに歩み寄る努力やお互いの価値観に合わせていく必要もあるため、自身の見直し期間が必要になります。

そう考えると、元々喧嘩が少ないカップルの方が楽に復縁できます。

復縁しやすい別れ方

復縁しやすい 別れ方

復縁しやすい別れ方は以下の通りとなります。

  • 遠距離になるなど環境的に仕方なく別れた
  • 別れ話の際にお互い納得して別れた
  • 喧嘩が原因で感情的になり別れた

こちらを順にご紹介していきます。

遠距離になるなど環境的に仕方なく別れた

復縁しやすい別れ方は、引越しや転勤、移動などで遠距離恋愛になるなど環境的に仕方なく別れた場合は、復縁しやすいと言えます。

  • 嫌いなわけではないけど、離れても一緒にいられるか不安で別れた
  • 環境が変わることが不安で、彼女のことを疎かにしてしまいそうで別れた
  • 環境が変わってもお互いに必要だと感じれば復縁できると思い別れた

このように、環境的に仕方なく別れた場合はまだ気持ちが残っている場合がほとんどです。
環境の変化を感じると人は不安になり自分のことで精一杯になってしまうため恋人に対し思いやりをもてる状態ではないかもしれません。

環境の変化に慣れ、状況が落ち着いてくると「復縁したい」とお相手の方から思うようになるでしょう。

別れ話の際にお互い納得して別れた

復縁しやすい別れ方は、別れ話をする時にお互いが納得できるまでしっかりと話し合って別れた場合は復縁しやすいと言えます。

  • 何が問題となって別れたのか原因を把握している
  • お互いにどこの部分を許す事ができずに別れたか把握している
  • お互いに不満を感じていた部分についてもしっかりと話し合った

このように別れ際にしっかりと向き合い話し合いをしたカップルは、別れている間に自身の問題点を改善をする事ができるため復縁しやすくなります。

喧嘩が原因で感情的になり別れた

復縁しやすい別れ方は、喧嘩が原因で感情的になり勢いで別れてしまった場合は復縁しやすいと言えます。
喧嘩して感情的になっている時は、必要以上にお相手を責めてしまうこともありますよね。

「そこまで言わなくても良かったのに・・」
「なんであんなこと言っちゃったんだろう」

冷静になると「ひどいことを言ってしまった」と反省することもあります。
喧嘩をして感情的になっている時はお互いに言い方がキツくなり傷つけるような発言が増えてしまいがちですが、冷静になればその時の事についてきちんと謝ることもできるはずです。

言い過ぎてしまった事に対し、真剣に謝る事ができる人は復縁できる可能性も高いでしょう。

復縁できないカップルの特徴

復縁できない 特徴

復縁できないカップルの特徴は以下のと通りとなります。

  • 今でもお相手に依存している
  • 自分の悪いところを直す努力をしない
  • お相手を責める気持ちが強い

こちらを順にご紹介していきます。

今でもお相手に依存している

復縁できないカップルの特徴は、お相手に対し別れてからずっと依存している場合は復縁は難しいと言えます。

あなたなら以下の例をどう感じますか?

  • 別れてからもお相手が自分のことをずっと好きで待っていると分かる
  • 別れても頻繁に連絡をしてきて恋人同士だった頃と変わらない
  • 別れたはずなのに定期的に「会いたい」と言ってくる
  • 友人関係に口出しをしてくる

このような事が続くと、お相手に対し魅力を感じませんよね。
「いやいや、別れてるよね?」と思ってしまうかもしれません。

依存している状態はお相手にも伝わってしまい、「俺がいないとだめなんだ」責任や負担を強く感じてしまいやすくなるため、お相手はどんどんあなたから離れようとするはずです。

自分の悪いところを直す努力をしない

復縁できないカップルの特徴は、お互いに自分の悪いところを直す努力をしない場合は復縁することは難しいと言えます。
一度何かしら問題があり別れた2人です。

前回の別れた原因としっかり向き合い改善していかない限り、復縁したとしてもすぐに同じ問題で別れてしまうことに繋がります。

自分の悪い面と向き合うことは勇気がいることかもしれませんが、お互いに努力をしない限り良好な関係性を築くことはできないでしょう。

お相手を責める気持ちが強い

復縁できないカップルの特徴は「相手が悪い!」と責める気持ちが強い場合は、復縁することは難しいと言えます。

例えば彼の浮気が原因で別れた場合、一見浮気した方が悪いようにも感じます。
しかし、浮気をしてしまった原因は彼女に冷たくされていた事で寂しくて耐えられず浮気をしてしまったということもあります。

この場合、浮気した方だけが悪いわけではなく、浮気される側にも原因があるため、問題点についてお互いに向き合う努力が必要です。

お相手だけを責める気持ちがある人は、自分の欠点から目を背けているため復縁する事は難しいでしょう。

最後に

今回は、復縁できるカップルの法則や特徴について詳しくまとめました。

復縁できるカップルは、お互いに関係性をより良くしていこうと努力することができる方達です。
復縁は成就するのは難しいと言われていますが、お互いに歩み寄る努力や自身の成長のために向き合う事ができるカップルは復縁の確率がグッとアップするはずです。

特に別れた直後は不安や焦りといったネガティブな感情が湧き出やすいため、お相手に執着依存してしまうこともありますよね。
しかし、ネガティブな感情をお相手に向けているとお相手から見るあなたは魅力的に見えずどんどん離れていってしまう原因にもなります。

まずは、今回ご紹介した復縁できるカップルの法則や特徴を意識して取り入れていくようにしてみてください。
きっとあなたの恋愛もいい方向に進むようになるはずですよ。