お金目当て?彼女がデート代を出さない理由と対処法

2023年10月26日 | 別れ, 恋愛・出会い

彼女がデート代を出してくれない…

お付き合いをしていると、なかなか切っても切れないのがお金の悩み。
「デート代を出さない彼女に不満を感じつつも、ついつい無理して出してしまう…」という男性もかなり多いと思います。

実際にYahoo!知恵袋を覗いてみると、このようなお悩み相談が結構あります。

20代後半の5歳年下の彼女と付き合っていますが、デートの際、彼女はお金を全く出しません。
数ヶ月間全ての費用を僕が出しながら付き合ってきましたが、少し精神的に疲れてきました。彼女に対する気持ちも冷めてきた感じがします。

僕のことをあまり好きではないため、お金を少しも出さないのでしょうか?
皆さんなら付き合い続けますか?

最終的には自分が出すとしても、せめて「私も出すよ」「いいよ、僕が払うから」みたいな押し問答くらいしたいですよね。

私は、「デート代は男性が出す方がスムーズだが無理をする必要はない」と思っています。
無理をするというのは、経済的にも精神的にもです。

今回は、彼女がデート代でお金を出さない理由その対処法をご紹介します。

デート代で悩んでいる男性には、ぜひ最後まで読んでいってもらえればと思います。

彼女がデートでお金を出さない理由

・あなたの愛情を確かめている
・あなたの方が収入が多い
・あなたのことがあまり好きではない
・男性が出すものだと考えている
・マナーがなっていない

あなたの愛情を確かめている

どのくらいお金を出してくれるかを見て、あなたの愛情を確認しているかも。

多めに出そう、という意志が見られれば、愛情を感じて大事にされてると思えるんでしょう。

好きな相手であればお金を使ってもいい、というのはあると思うので、一つの判断基準にはなりますよね。

過去に本気が感じられない男性に振り回された経験があったりすると、敏感になって色々見極めたくなるのかもしれません。

あなたの方が収入が多い

あなたの方が収入が多いんだから出してほしい、という考えもあるでしょう。

余裕ある方が出す、というのは、関係を続けていくためには自然なことだと思います。

とはいえ、いくら収入が多いからといって、ほぼ全額出させるのは違うんじゃない…?とはなりますね。

お札はあなたが、小銭は彼女が、とかなら全然良いと思います。

あなたのことがあまり好きではない

彼女はあなたのことがあまり好きではないのかもしれません。

「お金を出してくれるならデートしてもいいかな…」

逆に言えば、自分のお金を使ってまで会いたいとは思えないんです。

本当にあなたのことが好きなら、いつもいつも奢ってくれることに気を使って、たまには「今日は私が出すよ」と言うはず。

お金だけが判断基準ではありませんが、「お金を出さない=その程度の愛」とも考えられますね。

男性が出すものだと考えている

デート代は男性が出すもの

一昔前はそういう時代だったので、彼女は古風な考えでそう思っている可能性はあります。

ケチとか愛がないとか以前に、常識の一つに近いですね。良い悪いではなく、そういう価値観・恋愛観を持っているってことです。

出してもらっていることに感謝があるなら、問題アリとは思いませんね。

ただ、人の価値観を変えるのはそう簡単ではないので、あなたとは合わないタイプの彼女かもしれません。

マナーがなっていない

そもそもマナーがなっていない女性というのもありえます。

いつも出してもらっていることに感謝もなければ、自分もちじゃないから豪遊しちゃえ、などと考えているのかもしれません。

男性が出すのが当たり前、と考えている中でもかなり非常識な部類です。

こういうタイプは金銭面以外にも自分勝手な部分もあると思うので、一度関係を見直すことをオススメします

恋人だと思っているのはあなただけ

付き合っていると思っているのはあなただけなのかも…

  • デートはするけど家に行ったことはない
  • プレゼントはあなたがあげるだけでもらったことはない

思い当たる節があるなら、あなたは浮気相手の一人だったり、ただの金払いのいい男、くらいにしか思われていないかもしれません。

デート代は男性が払うべきなの?

デート代を無理して出す必要はない

デート代を無理して出す必要はありません

もちろん、多めに出した方が喜ばれるとは思いますし、「男性が出すのが当然」と思っている女性もいるので、その方がスムーズには進みます。

でも、それをあなたが不満に思っていたり、金銭的に苦しくなってしまうのはよくないです。

Googleの検索で「デート代」と打ってみると、予測検索の一番上に「きつい」と出てきます。それだけデート代に悩んでいる男性は多いんですね。

また、デート代を出し続けていると、次第に「この子は自分じゃなくて自分のお金が好き」と疑ってしまうこともあるでしょう。

現に、そういう女性がいることも事実です。

そもそもお財布が厳しい上に、内面ではなくお金目当てになってしまう…

経済的にも気持ち的にも、無理してまでデート代を出すのは、得策ではありませんよ。

お金を出さない彼女とは別れるのもアリ

デート代を出してもらえないことを不満に思っているなら、別れるのも一つの手

今までお金を出さなかった女性に「次から割り勘にしよ?」などと言って、出してくれるようになることはあんまりありません。

彼女の価値観や考え方を変えるのは難しいんです。

お金を出さずにデートだけ楽しむ、なんて女性は少数派です。

昔はデート代は全部男性が出すもの、という風潮もありましたが、今はそういう時代ではなくなっていると思います。

ほとんどの女性は、大なり小なりお金を出しますし、払ってもらったことに少なからず感謝をするはず。

あなたがデート代で悩んでいる以上、そういう姿勢や気持ちがない女性とは、付き合っていてもいずれ関係は悪くなるでしょう。

今は辛いかもしれませんが、別れてしまう方が未来のためかもしれませんね。

彼女がデート代を出さないときの対処法

毎回お金を出すのはイヤ…お財布がキツイけど、別れたくはない、という男性もいるでしょう。
そんな方のために対処法をご紹介します。

素直に払ってほしいと言う

男としてのプライドもあるし、冷められてフラれるリスクもありますが、あなたが悩んでいることに気づいてもらうためには言ってしまうのが一番。

理由と一緒に「払ってほしい」と伝えてみましょう。

「経済的に厳しい」などちゃんと理由を説明してなお、出す意思がないような彼女なら、付き合い続けるべきではありません。

別れる方がよっぽど賢明です。

そういう判断をするためにも、思い切って言ってみるのがオススメですね。

二人のお財布を作る

ストレートに言いたくないならオススメの方法がこれ。

二人で毎月いくら、みたいに額を決めて二人のお財布に入れるんです。

食事やデート、旅行など、二人の時間で使うお金をそこから出すようにすれば、間接的に彼女にも負担してもらえるようになります。

ただ、冒頭で紹介した「お金を出さない理由」は解決しないので、提案を断られるかもしれませんね。

デートの回数を減らす

お財布事情が厳しいなら、デートの回数を減らすのも手でしょう。

お出かけや外食を減らして、まったりとおうちデートをしたり二人でご飯を作って食べたりすれば、出費は減らせます。

それでも、あなたが出す前提でデートや外食に行きたがるようなら、「この子はそういう子なんだ…」と見切りをつけやすくなるんじゃないでしょうか。

まとめ

今回は彼女がデート代を出さない理由や、そのときの対処法をご紹介しました。

今の時代、男性が無理してデート代を出す必要はありません。

お金の面でも気持ちの面でも、無理を続けていてはいずれ限界がくるでしょう。

彼女にも少しは出してもらうようかけあってみて、変わらない場合は別れるのも視野に入れることをオススメします。

みなさんの幸せに繋がる選択ができることを願っています。