自力で浮気の証拠を集めるには?証拠になるもの/やり方/注意点を解説

※この記事にはプロモーションが含まれています。

  • 会社の付き合いと言って出かけることが増えた
  • スマホを隠す素振りを見せる・・

など、パートナーが浮気している可能性があるとき、確証を掴むのはなかなか難しいですよね。

そこでこの記事では、自力で証拠を集める方法をご紹介します。
ご自身で証拠集めができればコストを抑えられますが、やり方によっては法に触れる危険性も。

注意点もあわせて解説しますので、ぜひご参考にしてください。

不倫のことならエキサイト電話占い

エキサイト電話占いは人気の占い師が多数在籍している電話占いサイトです。
エキサイトには恋愛相談を得意としている占い師も多く、不倫の悩みに寄り添って、アドバイスや今すべきことを教えてもらえます。

現在、初回合計最大8,500円無料とお得に利用できるので、一度占ってみてはいかがでしょうか。

初回特典を使って
不倫の悩みを相談してみる

PR:エキサイト

そもそも浮気の証拠になるものとは?

浮気の証拠を集める際、その目的によって必要なものは変わります。慰謝料請求が目的であれば、肉体関係を明らかに確認できるものがあれば有利

それに加えて、浮気を認めさせ、やめさせたいだけの場合にも使える証拠を5つご紹介します。

①動画・写真

まずは定番の動画や写真

浮気相手と一緒にいるところを収める訳ですが、街中で手を繋いでいる写真などでは、裁判で不貞の証拠とは認められない場合も。

慰謝料目的の場合は、2人でホテルを出入りしている様子実際に行為に及んでいる様子などを撮影する必要があるので要注意です。

②音声データ

自宅や車内などで浮気相手と話している音声データも有効です。

ただしこちらも動画や写真と同じく、話しているだけでは証拠とならないこともあるでしょう。
これから紹介する証拠と、いくつか組み合わせることが大切です。

行為の最中の音声や、ホテルに行く約束をしている音声などがあれば強力です。

③メール・メッセージ

メールや、各SNSでのメッセージ履歴は、一番簡単に手に入る証拠かもしれません。

仕事の予定があると言っている日に会う約束をしているなど、決定的なやり取りがあれば必ず写真を撮っておきましょう。

また、不倫する際にはメインのLINEではなく、カカオトークなどを使っている場合もあります。見慣れないSNSがインストールされていないかも要チェックです。

④手帳・スケジュール帳

手帳やスケジュール帳に、聞き慣れない名前や場所がある場合も証拠の一部として使えます。「明日は誰と飲み会?」などと記録の残るLINEなどで聞いておき、その答えとは違う予定が入っていればさらに証拠としての強みが増すでしょう。

⑤ホテルの領収書

ホテルの領収書は、慰謝料請求を目的にした場合にも使える証拠のひとつです。しかし、これ単体では浮気相手との体の関係があったことは証明できません。
出張と言っていた日付の、出張先とは異なる場所のホテルや、ラブホテルなどひとりでは宿泊できないホテルの領収書は強力です。

しかし、これに該当しない場合も、LINEの履歴やカレンダーと組み合わせれば強い証拠になる可能性も。必ず写真を撮っておきましょう。

⑥性交渉で用いる道具・避妊具

パートナーとは使わない性交渉用の道具や、避妊具が出てきた場合は日付や見つけた場所などを記録し、必ず写真を撮りましょう。強い証拠になる可能性が高いものの内のひとつです。

⑦妊娠・堕胎や産婦人科の診療を証明できるもの

こちらは法廷でも不貞の証拠として認められる可能性が高い証拠です。パートナーとの性交渉によるものでないことを証明するため、パートナーと肉体関係がある場合は日付などを記録しておきましょう。

⑧調査報告書

探偵事務所に浮気調査を依頼すると調査報告書が発行されます。

しかしどのような調査報告書でも裁判で認められるとは限りません。

他の証拠と同じく、浮気相手との肉体関係を証明する必要があるため、ホテルに入る際の写真と出る際の写真で滞在時間などもわかり、かつ双方の顔が鮮明にわかるようなものでなくてはなりません。

依頼の際は、どの程度の調査報告書を発行してもらえるか事前に確認しましょう。

このように、証拠となるものは多数ありますが、慰謝料請求を目的とするならば肉体関係を証明する必要があります。自力で集めるのは難しいものもあり、複数の証拠を組み合わせる必要があることを覚えておきましょう。

意外と身近にある浮気の証拠になり得るもの

浮気の証拠集めは難しく思われがちですが、意外と身近なところにもサインはあるものです。ここでは主な7個をご紹介します。

SNS・ブログ

まずは一番身近なSNSやブログを確認しましょう。LINEの履歴が残っていれば、その後の調査の手がかりにもなります。

パートナーがあなたに内緒で書いているブログやTwitterなどを特定できれば、あなたに伝えている事実との矛盾などを指摘できますよ。

カードの利用明細・レシート

続いてカードの明細やレシートです。

ここでは、ホテルへの支払履歴や、パートナーが普段食べないものが入ったレシート、あなたが受け取っていない異性向けのプレゼントの購入履歴がないか確認しましょう。

通話履歴

LINEなどとあわせて確認したいのが通話履歴です。

聞き慣れない名前の人と長時間通話していたり、仕事と言って出かけた日にプライベートのスマートフォンに通話履歴が残っている場合は要チェック。

通話内容を録音できればさらに良いでしょう。

カーナビの履歴

浮気する際に、消去するのを忘れがちなのがカーナビの履歴です。

あまり関わりのない土地に何度も通っている、目的地の住所がホテル、水族館や映画館などのレジャー施設になっている場合は必ず証拠写真を撮っておきましょう。

交通系ICの利用履歴

昨今では電車に乗る際にICカードを使う人が大半になりました。

カードタイプのものは駅の券売機で、モバイルタイプのものはスマートフォンのアプリから、乗降車の履歴が確認できます。

勤務先などではない駅で頻繁に下車している場合、証拠として使えるかもしれません。

GPSの記録

続いてはGPSの記録です。やり方によっては違法となるため注意が必要ですが、

・スマートフォンを探すアプリにご自身のアカウントも追加する
・相手のスマートフォンにGPS情報をあなたに共有するアプリをダウンロードする
・車にGPS発信機をつける

などの方法があります。

違法に取得したものは法的な証拠としては使えないこともありますが、ホテルでの滞在の証拠となる場合もあるでしょう。

違法なケースに関しては後述するのでぜひ参考にしてくださいね。

子どもの血液型・DNA

女性側が出産前に浮気していた可能性がある場合、生まれてきた子どもの血液型やDNAは決定的な証拠になります。

DNA鑑定をパートナーに知られず行うことは難しいため、まずは子どものDNAが下記に当てはまるか確認しましょう。

  • A型×A型=A型、O型
  • A型×B型=A、B、O、AB型
  • A型×O型=A型かO型
  • A型×AB型=A、B、AB型
  • B型×B型=B型かO型
  • O型×O型=必ずO型
  • AB型×AB型=A、B,AB型
  • B型×O型=B型、O型
  • B型×AB型=A、B、AB型
  • O型×AB型=A型かB型

自力で浮気の証拠集めはできる?

ここまでで、浮気の証拠となる、もしくはその可能性が高いものをご紹介しました。

では、これらを自力で集めることはできるのでしょうか?

結論としては、特に慰謝料請求を目的とする場合、自力では難しいでしょう。その理由や対策を解説します。

不可能ではないが難しく、リスクもある

浮気の証拠を自力で集めるのは不可能ではありませんが、法廷で使う証拠は「不貞」の事実が認められるものである必要があります。

具体的には、写真の場合、ホテルに入るふたりの顔が鮮明に写った写真だけでは、あくまで「ホテルに入った」証拠にしかならず、その中で不貞行為があった証拠としては認められない場合も。かなり難易度が高いことがわかります。

さらに、やり方によっては法に触れるリスクもあります。
例えばLINEを勝手に開いた場合は不法アクセス禁止法に、相手のスマホにGPSアプリをダウンロードし追跡した場合はプライバシー保護法に違反する可能性も。

このように、自力での証拠集めが難易度が高くリスキーであることがわかります。

探偵や弁護士に依頼するのがオススメ

証拠集めが難航している場合は、探偵や弁護士に依頼するのがオススメです。何が強い証拠となるかの判例に精通している上に、痕跡を残さず証拠集めが進められるので、より早く解決に漕ぎ着けるでしょう。

探偵事務所に依頼するメリット

浮気調査を得意とする探偵事務所はたくさん存在しますが、お金をかけてでも依頼するメリットはどこにあるのでしょうか?

ここでは主な3つをご紹介します。

①決定的な証拠を集められる
②隠し撮りなどが違法でない
③バレるリスクが低い

①決定的な証拠を集められる

一番大きいのは、調査が徹底しており決定的な証拠を集められること。

法廷でも不貞の証拠として認められるような強い証拠がほしい場合は、やはりプロに頼むのがベストです。

②隠し撮りなどが違法でない

探偵業として正式に届け出をしている事務所であれば、隠し撮りや録音などが違法になりません

もちろんどのような方法をとっても良い訳ではありませんが、「探偵業法」に基づき、不法侵入や名誉毀損をしないなどの縛りのもとで、ある程度の調査を合法で行うことができます。

自力でこれらを行ってしまうと法に触れるリスクもあるので注意しましょう。

③バレるリスクが低い

探偵事務所には、浮気調査などのプロが揃っています。

痕跡を残さず調査できる可能性が高く、パートナーにバレるリスクを最低限に抑えられます

もし相手が無実だった場合、バレると信用にかなりの傷がつきます.

浮気の事実があった場合も、初期にバレてしまえば相手が警戒心を抱き、それ以上の証拠集めが難しくなるでしょう

自力で浮気の証拠を集める方法

探偵や弁護士に依頼すると、それなりの費用がかかります。

リスクを承知した上で自力で調査する場合には、次のような方法があります。詳しく見ていきましょう。

①スマホ・携帯電話を調べる

スマホや携帯電話は、SNS通話履歴交通系ICスケジュール管理アプリなど、証拠になり得るものの宝庫です。

パートナーが寝ている間や入浴中などに確認してみましょう。

ただし痕跡を残さないため、必ず元の場所に戻す未読メッセージに既読をつけないなどを徹底する必要があります。

②クレカ・レシートを調べる

クレカやレシートを調べる際は、ホテルへの支払履歴や、パートナーが普段食べないものが入ったレシート、あなたが受け取っていない異性向けのプレゼントの購入履歴がないか確認しましょう。

確認した後は、写真を撮り元通りに財布に戻すようにしてくださいね。

③所持品や車を調べる

あなたとの性交渉がないのに避妊具がカバンに入っていたり、見覚えのないものが車に落ちていたりする場合も証拠になり得ます。

また、車を調べる際はカーナビの履歴をチェックし忘れないようにしましょう。

LINEなどは消去していても、カーナビの履歴は抜け落ちているケースも多いようです。

④録音する

浮気相手との会話などを録音するのもひとつの手段です。

しかし、これも他の証拠と同じく、法廷で使うには「親しそうに話している」だけではいけません。

ホテルで会う約束をする会話や、行為中の音声を録る必要があります。

ただし、パートナーの所持物や浮気相手の家に盗聴器を仕込むと、プライバシー保護法や住居侵入罪に問われる可能性も。
あくまでも自宅や自家用車までにとどめましょう。

⑤撮影する

浮気相手との不貞を証明できる写真を撮影できれば、かなり有利な証拠となります。

不貞を証明できる写真とは、ホテルに一定時間滞在したことがわかる、入ったときと出てきたときの写真のセットや、行為の最中の写真などです。

しかしこれも録音と同じく、浮気相手の家などで撮影すると違法と判断されることも

また、浮気相手を尾行して撮影した場合はストーカー規制法に反する可能性もあります。

あくまでもやり過ぎは禁物です。

これ以上は危険!場合によっては逆に違法になることも

ここまで自力で証拠を集める方法をご紹介しました。

やり始めると徹底的に集めたくなるものですが、これ以上やると大きなリスクが伴います

無理をしてバレると相手が警戒しそれ以上の証拠集めが難しくなりますし、場合によってはあなたが罪に問われることも。

次の章で注意点も紹介しますので、ぜひご参考にしてください。

自力で証拠集めをする際の注意点

自力で証拠集めをすることにはリスクが伴うことをご紹介してきました。

では実際に、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか?

主な注意点を3つご紹介します。

①捏造・加工しない

証拠は捏造・加工しないこと。

特に裁判で使いたい場合には、すべての証拠が正確である必要があります

日付などの捏造や、写真などの加工をしないことはもちろん、その証拠を得た日時や状況を事細かにメモしておくと有効ですよ。

②不正アプリは使わない

近年では、浮気調査に特化したアプリがたくさんリリースされています。

パートナーのLINE・通話履歴や居場所がわかる他、遠隔で録音などができるものも。

しかし、なかには違法なものも多く、それらを使うとあなた自身が罪に問われるだけでなく、証拠としても認められないケースも

絶対に使わないようにしましょう。

③相手にバレない

パートナーの浮気がクロであった場合も、シロであった場合も、相手にバレるのは絶対に避けたい事態です。

クロであった場合は、相手が警戒しすべての証拠を消してしまう危険性が。
シロであった場合は、その後の関係修復が難しく、円満な関係を続けることが難しくなるでしょう。

まとめ

この記事では浮気の証拠集めを自力で行う方法を解説しました。

最後に大切なポイントをまとめましょう。

・浮気の証拠は身近に潜んでいる

・慰謝料請求を目的にする場合は「不貞」を立証する必要があり難易度が高い

・行き過ぎた証拠集めは違法になる可能性もある

・探偵・弁護士に依頼するのもおすすめ

この記事を参考に、ぜひ効率的に証拠集めを行ってくださいね。

不倫のことならエキサイト電話占い

エキサイト電話占いは人気の占い師が多数在籍している電話占いサイトです。
エキサイトには恋愛相談を得意としている占い師も多く、不倫の悩みに寄り添って、アドバイスや今すべきことを教えてもらえます。

現在、初回合計最大8,500円無料とお得に利用できるので、一度占ってみてはいかがでしょうか。

初回特典を使って
不倫の悩みを相談してみる

PR:エキサイト