男が冷めても終わりじゃない?冷めの見極めと復縁テクを解説

男は基本的に不器用な生き物です。
愛情があるのに冷たいと思われるような態度を取ったり、全然連絡をしてこないなど、女性からしたらとても不安になるようなことをしてきます。

「男が冷めたら終わり」とよく言われますが、必ずしもそうではありません。冷めかけの兆候が見られた場合には、まだ仲直りや復縁するのに間に合う可能性はあります。

今回は、男が冷めたときにする行動や見分け方について解説していきます。
彼氏の態度に当てはまるところがないか、チェックしてみてくださいね。

男が冷めたら終わりと言われる理由

「男が冷めたら終わり」と言われることがありますが、必ずしもそうだとは限りません。

男性は一度冷めてしまうと、女性ほど気持ちを取り戻しにくいと考えられています。しかし、完全に冷め切った状態なら別ですが、冷めかけの段階であれば、まだ関係を修復することは可能です。

例えば、冷めはじめの兆候として、連絡が減ってきたり、会話が弾まなくなったりすることがあります。しかし、これはまだ冷め切ったわけではなく、むしろ危機感を持って早めに手を打てば、冷めるのを防ぐことができるのです。

男性は一度冷めてしまったら元に戻しにくいとされますが、それは完全に冷め切った後の状態を指していると言えます。冷めかけの段階では、女性側の努力次第で関係を立て直すチャンスは残されているのです。

むしろ問題なのは、冷めの兆候に気づけないことです。だからこそ、小さな変化にも敏感になることが大切なのです。時間が経てば経つほど取り返しがつかなくなるので、早めの対応がカギとなります。

まだ間に合うかも。冷めはじめの段階に見られるサイン

男性が冷めはじめたばかりのタイミングでは、以下のような小さな変化が見られることがあります。

  • 連絡の頻度が徐々に下がってくる
  • 返信に時間がかかるようになる
  • 会話が弾まなくなり、沈黙が多くなる
  • 顔を見て会話しなくなる
  • デートの約束をドタキャンすることが増える
  • デート中の様子がいつもと違う(スマホを見たり、キョロキョロしているなど)

こうした変化があるにも関わらず、まだ完全に連絡を絶ったり、別れを切り出したりしていない場合は、冷めはじめのサインと考えられます。

この段階では、距離を置いて様子を見ることや、会話の質を変えて楽しさを提供することで、冷めを食い止めることができるかもしれません。

一方で、このまま放置していると、やがて完全に冷め切られてしまう可能性があります。
ですので、小さな変化に早めに気づき、適切な対応をすることが大切になってきます。時間がたつほど冷めは進行していくので、素早い判断が求められます。

この段階で諦めずに前向きな努力をすれば、まだ再構築のチャンスはあるのです。

冷めてると感じたときに取るべき行動

冷めていると感じた際には、「押すか引くか」の2択があります。

  • 押すなら、新しさや刺激を与えられるデートを提案したり、スキンシップを積極的に取る
  • 引くなら、連絡を控えめにして彼の行動を待つ

どちらがいいのかはお相手男性のタイプによります。
ざっくり言ってしまえば、奥手でなかなか本音を言わない、シャイ、無口なタイプなら「押す」のがいいです。
「引く」のが有効なのは、普段面倒くさがりで、イチャイチャしたりイベントのタイミングでは張り切るロマンチストタイプの男性です。

押したり引いたりの方法は色々あるので、それぞれ簡単に解説します。

(引き)連絡を控えめにする

連絡しすぎるとプレッシャーになりかねないので、まずは連絡を控えめにする。LINEの頻度を減らしたり、電話はしないなどする。

(引き)彼からの連絡を待つ

彼から連絡が来るのを我慢強く待つ。焦らずに彼のペースに合わせる。

(引き)距離を置く

デートの頻度を減らすなどして距離を置き、彼が落ち着ける時間を作る。

(押し)新しいデートを提案する

今まで行ったことのない場所や経験がないことなど、新鮮な刺激を与えられそうなデートプランを提案し、関係に変化をつける。

(押し)積極的なスキンシップ

手をつなぐ、抱きしめるなど、積極的なスキンシップで関係を深める。
やりすぎは引かれるので様子を見ながら。

(その他)謝罪する

自分に非がある部分があれば、真摯に謝罪する。

このように、プレッシャーにならない範囲で状況を見極めながら、関係修復に努めるのが良いと思います。

冷めたときに見られるLINEのパターン

男性が冷めているときには、LINEのやり取りで以下のような特徴的なパターンが見られることがあります。

返信が遅くなる

以前はすぐに返信していたのに、返信に数時間から1日以上かかるようになったりしたら冷めているサインかもしれません。

返信が短くなる

昔は長文だった返信が、1文字やスタンプのみの返信ばかりになっているのも冷めのサインです。
素っ気ないなと感じたり、中身のない返信になってしまっていたら要注意。

連絡頻度が下がる

毎日のようにLINEしていたのに、数日に1回などのペースになっていたら冷めのサインかもしれません。
仕事で忙しいだけの可能性もあったりするので、下がった頻度がもとに戻る可能性もあります。

突然の早寝

連絡中に「眠いからもう寝るね」と突然会話を切り上げるのも冷めポイントです。
好きな相手ならわざわざそんな風に切り上げず、次の日に自然にLINEしてくると思います。

会話が弾まない

質問しても返答がない、「そうだよ」など一言しか返事がないなど、会話が成立しないのはあなたへの興味が薄れているのかも。

LINEを優先しない

LINEに返信してこないのにSNSは更新するなど、自分への連絡の優先順位が下がっていたら冷めサインかもしれないです。

このように、LINE上での態度や雰囲気の変化から、男性の冷め具合を見極めることができます。
SNSなどの小さな変化にも注目し、早めの対応が必要です。

冷めてると感じたときのLINE返信方法

彼氏が冷めてきていると感じた時のLINE返信では、以下のような方法が効果的です。
ここで自分も連絡頻度を落とすなどすると、自然消滅まっしぐら。

それでもいいという場合はいいですが、関係を続けたい場合は以下のポイントに注意してみましょう。

明るさを意識する

返信は明るく、笑顔を想像できる言葉を選ぶ。絵文字を使って楽しそうな雰囲気を作る。

笑えるエピソードを披露する

笑えるような自分の失敗談や笑い話を挟むことで、明るいムードを提供する。

「応援してる」と伝える

相手が忙しいそぶりを見せているなら、「頑張って」「応援してるよ」といったシンプルな言葉で支えていることを伝える。

決断は彼に委ねる

「これからどうしたいかはあなた次第」と、決定権は彼にあることを示唆する。

冷めてるかも?と思ったら、楽しい雰囲気づくりに努め、しつこくならないことがポイントです。

冷めた気持ちが戻るテクニック6選

冷めてしまった彼氏の気持ちを取り戻すテクニックを7つ紹介します。

①自分磨きをアピールする

料理を頑張ってみたり、髪型を変える、ボディメイクをするなどの努力や結果をアピールしましょう。
新しい魅力を提示することは冷めた男性の気持ちを取り戻すのにかなり有効ですよ。

②献身的な対応を見せる

冷めた彼氏の気持ちを取り戻すためには、献身的な対応を見せるのが効果的です。

具体的には、彼のちょっとした要望に答えてあげたり、料理を作るなどで生活をサポートすることです。
そうすることで、自分の存在価値を実感してもらえ、「日頃の支えがなかったら自分の生活にどれだけ影響するか」を考えてもらうきっかけとなります。

また、彼が困っていることがあれば、すぐに駆けつけて尽くす姿勢を見せることも効果的。
その献身ぶりに、自分を必要としてくれているのだと実感できます。

ちょっとした生活のお世話を通じて、自分への愛情が薄れていたとしても、彼女の存在が自分にとってかけがえのないものだと気づかせる効果が期待できます。

ただしやりすぎると、都合のいい関係になってしまうので、注意してください。

③一緒にドキドキする体験をする

ドキドキすることで、脳内でドーパミンなどの恋愛ホルモンが分泌されます。普段は感じにくい興奮を一緒に味わうことで、愛情や親密感を再び取り戻すことができます。

また、恐怖心を感じるスリル体験をすると、自然と相手の手を掴んだり、抱きしめたくなったりする反応が出ます。そのスキンシップがさらに恋心を育みます。

④夜のテクニックを磨く

新しいテクニックを勉強するなどで、新しい刺激となり、冷めていた感情が戻ってくることがあります。
夜の関係が淡泊になっていたり、作業的になってマンネリ化していないか注意してみましょう。

⑤感情が揺れ動く映画を観る

冷めた気持ちを取り戻すために、感情が揺れ動くロマンス映画を一緒に観るのもおすすめです。
例えば、運命的な出会いから距離を置きつつも惹かれ合うストーリーの映画などは効果的。共にロマンチックな情景を見ることで、恋心が再燃する可能性があります。

涙を誘う感動的な場面も、愛する人との絆を強く意識させます。
恋心が冷めている場合でも、映画のドラマに感情を揺さぶられることで、パートナーへの思いが再燃する可能性があります。

人の気持ちは見た目以上に繊細。
感情を動かす映画には、冷めた二人の関係を再び温める力がありますよ。

ただ彼氏が映画に興味がない場合は退屈させてしまうので逆効果です。

⑥サプライズイベントをする

冷めた気持ちを取り戻すためには、誕生日や記念日などにサプライズイベントを仕掛けるのも効果的。

例えば、誕生日には思いがけないプレゼントを渡したり、ケーキを用意して一緒にお祝いをしたりするのがおすすめ。
映画のワンシーンのような演出にすることで、恋心が芽生える瞬間を演出できるかもしれませんよ。

また、大切な記念日には、以前二人で行った思い出の場所で食事の用意をしたり、思い出の話をしたりして2人の時間を過ごすのも良いでしょう。

さらに、平日に突然、二人の大切な思い出の写真を使った映像を作成し、それを見せるといった「ないはずの特別な日」を演出するのも効果的。思いがけないサプライズに喜んでもらえるかも。

こうしたサプライズは、男性のマンネリ化した感情にもう一度刺激を与えることができます。

実は冷めてない?誤解しやすい男の行動

男性のある行動は冷めていると誤解されがちですが、必ずしもそうとは限りません。
例えば、連絡の頻度が下がったり、デートのプランが手抜きになったりすることは、仕事や私生活の忙しさが影響している可能性があります。

男性は女性ほど頻繁に連絡を取り合う習慣がないので、連絡が減ったからといって冷めているとは限りません。
また、デートプランを立てるのが面倒に感じるのは、男性の気質として普通のこと。必ずしも冷めている証拠ではありません。

そもそも男性は、表向きには見えなくても実は気持ちの起伏が大きく、時にイライラしたり冷たくなったりすることがあっても、すぐに元に戻ることが多いです。
一時的に態度が悪くなるのを冷めと勘違いすることがあるので注意が必要です。

むしろ相手の体調不良やストレスなどの外的要因で変化が出ている可能性も考えられます。
行動の変化に慌てず、冷静な観察が大事です。

復縁のために取るべき方法について

復縁を目指す上で取るべき方法は以下のような点が挙げられます。

冷めの兆候に早めに気づくこと

冷めの兆候に早めに気づくことは、関係修復のための重要なポイントです。

具体的には、相手の微細な変化を敏感に捉えることが必要不可欠です。
連絡の頻度や内容、会話のテンポ感覚、目を合わせる時間の長さなど、日頃の小さな習慣から変化を感じ取ることが大切です。

また、デート時の雰囲気にも注意が必要です。会話が弾まない空気感や、触れ合うことを避ける仕草などは要チェックポイント。
デートの時に人目につかないところに行きたがったり、移動中キョロキョロと周囲の目を気にしているなどの怪しい様子があれば、浮気のサインかもしれません。

一見するとつまらない些細なことでも、その違和感を大切にすることで、冷めのサインを見逃さずに済みます。

距離を置くなど冷静な対応を心がける

距離を置くなど冷静な対応も有効です。

具体的には、連絡の頻度を少し下げることなど。
連絡頻度を自分から落とすのは勇気がいりますが、LINEの回数を減らしたり、電話は必要以上にかけないなど、ゆっくりとしたペースにすることで、お互いのことを考える余白が生まれます。

それによって改めてお互いの存在を考えることができ、関係をどうしていくかじっくりと考えることができるでしょう。

さらに、SNSなどでの報告は控えめにし、行動を共有しすぎないことも重要です。自分の行動がプレッシャーとならないよう注意が必要です。

一定の距離を置くことで、相手の気持ちを理解する努力がしやすくなります。ゆとりと冷静さを保つことが、復縁への近道になります。

積極的なコミュニケーションは避ける

「明らかに冷めてるな」と思ったら、積極的なコミュニケーションはむしろ避けた方がいいです。

LINEの回数を意識的に減らすことで、お互いに適度な距離感を保つことができます。
※ただし全く連絡しないと自然消滅するので、少なくとも2日に1回くらいはしておきましょう

さらに、頻繁なデートの誘いかけも避けた方が賢明です。
むしろある程度の間隔を空け、ゆっくりとしたペースで会うことを心がけましょう。

一方的に熱を入れてコミュニケーションを取るのではなく、相手のペースに合わせることが大切です。

冷めた相手は一時的に自分だけの時間を欲している場合も多いので、距離を置いて時間をあげることで改善する可能性があります。

復縁のタイミングを見極める

復縁を目指す上で、タイミングを見極めることが一番重要ともいえます。焦り過ぎず相手のペースを尊重する姿勢が必要です。

積極的に会ったり連絡したりすることは避け、少し時間を置いてから、連絡してみることなどが有効です。
また、SNSの発信から、相手の気持ちの移り変わりを察知できれば有利になります。少しテンションが上がっていたり、気持ちが開放的になっているタイミングがあれば連絡を受け入れてもらいやすいです。

復縁に前向きなサインが見えたタイミングで、ここぞと押していきましょう。

一方で、時間はかかっても根気強く待つ忍耐力も大切です。
なかなかチャンスが来なくても、できるだけ焦らず、好機を逃さないように、冷静さをキープすることがポイント。

復縁のタイミングがわからない・・・そんな方は復縁に強いココで相談してみて(PR)

電話占いフィールは、復縁に強いと評判の占いです。厳しい審査をクリアした実力派占い師のみが在籍しており、その人数も多くあなたにマッチした占い師を見つけられます。

また24時間鑑定を受け付けており、悩む人の気持ちに寄り添う姿勢も見られるのもポイントです。
彼との信頼関係が崩れそう、元に戻るにはどうすればいいのか、このような悩みを相談したい人はぜひ相談してみてください。

初回登録限定で3000円分の無料鑑定がプレゼントされますので、リラックスして臨むことができますよ。

まとめ

今回は、男性が冷めたときのサインや気持ちを取り戻す方法について解説しました。

彼氏がそっけなかったりして、辛くなることがあっても、男性あるあるの一時的な不機嫌である可能性もあります。

今回紹介した内容に当てはまるところがないかチェックしてみて、できるところから行動してみてください。

▼気になったらクリック